心温まる怖話 (一覧)

ちょっといい怖い話 (一覧)へ
 
01、座敷ばあちゃん(前編)
02、座敷ばあちゃん(後編)
03、たぬきと僕
04、また喧嘩ができるね
05、プロポーズ
06、あまのじゃく
07、親父がくれた腕時計
08、僕と猫のトム
09、ひっそりと佇む喫茶店
10、娘の遊び相手
11、真心のサービス
12、親子の愛
13、見届けてくれていた先生
14、おもちゃを探す幽霊
15、着物姿の不思議な少女との出会い 1/2
16、着物姿の不思議な少女との出会い 2/2
17、おじいさんの足音
18、友人の供養
19、俺のじいちゃんと50円玉
20、父が守ってくれている

21、ウィッグの心
22、亡くなった祖母の人徳
23、兄弟とマイケルの絆
24、三途の川で待っていた愛犬
25、ワサビの青い瞳と同じ色した空
26、見知らぬ女性がくれた腕時計
27、気丈な母が見せた涙
28、幼馴染との死後の約束
29、幼馴染の彼女の親父さん
30、死んでも自由なおじいちゃん
31、予言を伝える祖父の母
32、彼氏の声が聞きたくて
33、おじいちゃんの愛の深さ
34、今でも僕の宝物
35、私を救ってくれた亡き彼
36、話せない夫の代弁をする妻
37、導いてくれた仲間
38、後悔と感謝の念
39、神社の廃墟に住まう浮浪者
40、亡くなった人に会えた京都の山祭り 1/2

41、亡くなった人に会えた京都の山祭り 2/2
42、バイクで事故った瞬間に見た白い影
43、救急隊員が語ってくれた話
44、婆ちゃんから聞いた戦時中の不思議な話
45、兄貴を救った不思議な体験
46、娘を守ってくれた黄色いパーカー
47、うちの庭でよく遊んでくれた女の子
48、深夜に玄関のドアをトントンと叩く音
49、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 1/3
50、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 2/3
51、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 3/3
52、彼氏と元彼と私
53、不思議な人面犬との出会い
54、土砂降りの雨の日にやって来たモノ
55、トンネルの向こうにあった夕焼けの町
56、あんな犬でも居なくなると寂しいよ
57、いつか必ず決着をつけよう
58、キャンプの夜に出逢った不思議な少女
59、悪い夢を食べてくれるクモ様
60、「くずは」と名づけた子狐

61、私の家族を救ってくれた猫たち
62、クリスマスイヴの日に来店してきた二人
63、見覚えのあった帽子とジャンバー
64、私の少し先を歩く白い猫
65、今日の私は32才の私
66、死が迫った妻が夫に語った秘密
67、音楽室でオルガンを弾いていたら
68、霊場として知られる恐山に伝わる民話
69、孤独だった学生時代の話 1/2
70、孤独だった学生時代の話 2/2
71、ばーちゃんと牛の貯金箱
72、キジバトに情が移ってしまった俺 1/2
73、キジバトに情が移ってしまった俺 2/2
74、授業中に背後から聞こえた謎の声
75、親友が生前によく言っていた事
76、いつも遠くから私を見ていた兵隊さん
77、ばばぁ!死んだら笑ってやる
78、死んでも人を助け続けている先輩
79、そこの酒造の酒が最後に飲みたかった
80、カマドの炎の中から話しかけてくる声

81、30年以上ぶりに世話になった下宿先へ
82、姉が結婚するに至った旦那との馴れ初め
83、私を守ってくれている3匹の猫
84、よくあそこで転ぶだろ?
85、写真を撮らせてくださいと女神様にお願いすると
86、物乞いをする不思議な老人
87、大雨の中、最終列車の乗務をしていた時に
88、自分でも「もうダメかな・・・」と覚悟した時
89、この世にはいない人が近くにいるような体験
90、隠されていた婆ちゃんの遺品
91、夜行列車で出会ったおじいさんと若い女性
92、遺産よりも形見が欲しかった母
93、祖母に一途な幽霊さん達
94、ドアを開けると部屋に入って来ようとする野良猫
95、あいつからの最後のメッセージ
 
ちょっといい怖い話 (一覧)へ
スポンサーリンク

あいつからの最後のメッセージ

  俺は、2011年に発生した東日本大震災で友達を亡くした。   震災の少し前にその友達と町で遊んでいた時、不意にソイツが携帯のカメラで俺を撮った。   「おもしれぇ~顔(笑)」とか言いなが・・・

ドアを開けると部屋に入って来ようとする野良猫

  就職で初めて一人暮らしを始めた頃の話。   慣れない生活のせいか、どうもいつも体がダルくて辛かった。   寝ても熟睡できていないのか、目覚めた時は寝る前よりも疲れている感じがしていた。 ・・・

祖母に一途な幽霊さん達

  これは私が子供の頃の体験談。   その夜、トイレに起きた時、庭に男の人が立っているのを発見した。   私は「ギャー!!不審者!!」と叫びながら両親を叩き起こすと、母は冷静に「坊主で軍服の・・・

遺産よりも形見が欲しかった母

  20年くらい前になるが、田舎で祖母が死亡した時のこと。   母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに「先生」と周りから祖父は言われていた。   そういう人なので、あちこちに愛・・・

夜行列車で出会ったおじいさんと若い女性

  6年程前、出張で松江に行った時のこと。   昔からブルートレインに乗ってみたいと思っていたので、東京駅から夜行列車に乗った。   乗ったのはB寝台車で、他の客とカーテンだけで区切るという・・・

隠されていた婆ちゃんの遺品

  幽霊よりも生きている人間の方が怖いと思った話。   婆ちゃんが病院で死んだ。   一人暮らしだったアパートに遺体が搬送されてくるというので、近所に住んでいた俺が待っていた。  ・・・

この世にはいない人が近くにいるような体験

  これは、もうこの世にはいない人が近くにいるように感じた体験の話。   去年の秋、学生の頃にとてもお世話になったおじいさんが亡くなった。   俺はその当時、地元の漁協によく出入りしていて、・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ