心温まる怖話 (一覧)

ちょっといい怖い話 (一覧)へ
 
01、座敷ばあちゃん(前編)
02、座敷ばあちゃん(後編)
03、たぬきと僕
04、また喧嘩ができるね
05、プロポーズ
06、あまのじゃく
07、親父がくれた腕時計
08、僕と猫のトム
09、ひっそりと佇む喫茶店
10、娘の遊び相手
11、真心のサービス
12、親子の愛
13、見届けてくれていた先生
14、おもちゃを探す幽霊
15、着物姿の不思議な少女との出会い 1/2
16、着物姿の不思議な少女との出会い 2/2
17、おじいさんの足音
18、友人の供養
19、俺のじいちゃんと50円玉
20、父が守ってくれている

21、ウィッグの心
22、亡くなった祖母の人徳
23、兄弟とマイケルの絆
24、三途の川で待っていた愛犬
25、ワサビの青い瞳と同じ色した空
26、見知らぬ女性がくれた腕時計
27、気丈な母が見せた涙
28、幼馴染との死後の約束
29、幼馴染の彼女の親父さん
30、死んでも自由なおじいちゃん
31、予言を伝える祖父の母
32、彼氏の声が聞きたくて
33、おじいちゃんの愛の深さ
34、今でも僕の宝物
35、私を救ってくれた亡き彼
36、話せない夫の代弁をする妻
37、導いてくれた仲間
38、後悔と感謝の念
39、神社の廃墟に住まう浮浪者
40、亡くなった人に会えた京都の山祭り 1/2

41、亡くなった人に会えた京都の山祭り 2/2
42、バイクで事故った瞬間に見た白い影
43、救急隊員が語ってくれた話
44、婆ちゃんから聞いた戦時中の不思議な話
45、兄貴を救った不思議な体験
46、娘を守ってくれた黄色いパーカー
47、うちの庭でよく遊んでくれた女の子
48、深夜に玄関のドアをトントンと叩く音
49、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 1/3
50、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 2/3
51、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 3/3
52、彼氏と元彼と私
53、不思議な人面犬との出会い
54、土砂降りの雨の日にやって来たモノ
55、トンネルの向こうにあった夕焼けの町
56、あんな犬でも居なくなると寂しいよ
57、いつか必ず決着をつけよう
58、キャンプの夜に出逢った不思議な少女
59、悪い夢を食べてくれるクモ様
60、「くずは」と名づけた子狐

61、私の家族を救ってくれた猫たち
62、クリスマスイヴの日に来店してきた二人
63、見覚えのあった帽子とジャンバー
64、私の少し先を歩く白い猫
65、今日の私は32才の私
66、死が迫った妻が夫に語った秘密
67、音楽室でオルガンを弾いていたら
68、霊場として知られる恐山に伝わる民話
69、孤独だった学生時代の話 1/2
70、孤独だった学生時代の話 2/2
71、ばーちゃんと牛の貯金箱
72、キジバトに情が移ってしまった俺 1/2
73、キジバトに情が移ってしまった俺 2/2
74、授業中に背後から聞こえた謎の声
75、親友が生前によく言っていた事
76、いつも遠くから私を見ていた兵隊さん
77、ばばぁ!死んだら笑ってやる
78、死んでも人を助け続けている先輩
79、そこの酒造の酒が最後に飲みたかった
80、カマドの炎の中から話しかけてくる声

81、30年以上ぶりに世話になった下宿先へ
82、姉が結婚するに至った旦那との馴れ初め
83、私を守ってくれている3匹の猫
84、よくあそこで転ぶだろ?
85、写真を撮らせてくださいと女神様にお願いすると
86、物乞いをする不思議な老人
 
ちょっといい怖い話 (一覧)へ
スポンサーリンク

物乞いをする不思議な老人

  もう随分と前になるが、私は学生時代に一度だけ奇妙な体験をしたことがある。   高2の春だった。   その日はたまたま早く帰ることが出来た為、ちょっと散歩でもしようと3つも前の駅で降り、知・・・

写真を撮らせてくださいと女神様にお願いすると

  これは、霊感のある整体師さんから聞いたお話。   彼は古神道の研究をしていて、よく神社へ取材に行っている。   ※古神道(こしんとう) 日本において外来宗教の影響を受ける以前に存在してい・・・

よくあそこで転ぶだろ?

  俺の親友は、昔から幽霊的なものが見える性質だ。   その親友が俺の職場に来た時に、階段を見て「よくあそこで転ぶだろ?」と言ったことがある。   実際よく転ぶ。   職場の人間は・・・

私を守ってくれている3匹の猫

  私は小さい頃から怖い話を読んだり聞いたりするのは苦手だった。   そんな私も、ある時から夜中に鏡を見るのもお風呂に入るのも平気になったし、怖い映画を見た後に、やたら背後や窓やドアが気になることもな・・・

姉が結婚するに至った旦那との馴れ初め

  姉の前世にまつわる話。   一生独身貴族を貫くと決めていた姉が結婚した。   しかも、かなりの遠距離恋愛を経て。   両親も「嫁いでくれるなら喜んで!」と深く馴れ初めを聞いてい・・・

30年以上ぶりに世話になった下宿先へ

  父の話を思い出したので書いてみる。   60代の父は、生まれてからずっと北海道民。   ただ、大学時代だけ親元を離れて憧れの京都へ。   京都では下宿住まい。   そ・・・

カマドの炎の中から話しかけてくる声

  この話は、実際に体験した不思議な出来事。   山奥の田舎暮らしだった俺は、家の風呂が薪で焚く五右衛門風呂なような古さで恥ずかしく、友達を家に呼ぶのが嫌だった。   しかし、風呂を焚くのは・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ