心温まる怖話 (一覧)

ちょっといい怖い話 (一覧)へ
 
01、座敷ばあちゃん(前編)
02、座敷ばあちゃん(後編)
03、たぬきと僕
04、また喧嘩ができるね
05、プロポーズ
06、あまのじゃく
07、親父がくれた腕時計
08、僕と猫のトム
09、ひっそりと佇む喫茶店
10、娘の遊び相手
11、真心のサービス
12、親子の愛
13、見届けてくれていた先生
14、おもちゃを探す幽霊
15、着物姿の不思議な少女との出会い 1/2
16、着物姿の不思議な少女との出会い 2/2
17、おじいさんの足音
18、友人の供養
19、俺のじいちゃんと50円玉
20、父が守ってくれている

21、ウィッグの心
22、亡くなった祖母の人徳
23、兄弟とマイケルの絆
24、三途の川で待っていた愛犬
25、ワサビの青い瞳と同じ色した空
26、見知らぬ女性がくれた腕時計
27、気丈な母が見せた涙
28、幼馴染との死後の約束
29、幼馴染の彼女の親父さん
30、死んでも自由なおじいちゃん
31、予言を伝える祖父の母
32、彼氏の声が聞きたくて
33、おじいちゃんの愛の深さ
34、今でも僕の宝物
35、私を救ってくれた亡き彼
36、話せない夫の代弁をする妻
37、導いてくれた仲間
38、後悔と感謝の念
39、神社の廃墟に住まう浮浪者
40、亡くなった人に会えた京都の山祭り 1/2

41、亡くなった人に会えた京都の山祭り 2/2
42、バイクで事故った瞬間に見た白い影
43、救急隊員が語ってくれた話
44、婆ちゃんから聞いた戦時中の不思議な話
45、兄貴を救った不思議な体験
46、娘を守ってくれた黄色いパーカー
47、うちの庭でよく遊んでくれた女の子
48、深夜に玄関のドアをトントンと叩く音
49、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 1/3
50、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 2/3
51、自殺するって言うなら、その前に僕に抱かれませんか? 3/3
52、彼氏と元彼と私
53、不思議な人面犬との出会い
54、土砂降りの雨の日にやって来たモノ
55、トンネルの向こうにあった夕焼けの町
56、あんな犬でも居なくなると寂しいよ
57、いつか必ず決着をつけよう
58、キャンプの夜に出逢った不思議な少女
59、悪い夢を食べてくれるクモ様
60、「くずは」と名づけた子狐

61、私の家族を救ってくれた猫たち
62、クリスマスイヴの日に来店してきた二人
63、見覚えのあった帽子とジャンバー
64、私の少し先を歩く白い猫
65、今日の私は32才の私
66、死が迫った妻が夫に語った秘密
67、音楽室でオルガンを弾いていたら
68、霊場として知られる恐山に伝わる民話
69、孤独だった学生時代の話 1/2
70、孤独だった学生時代の話 2/2
71、ばーちゃんと牛の貯金箱
72、キジバトに情が移ってしまった俺 1/2
73、キジバトに情が移ってしまった俺 2/2
74、授業中に背後から聞こえた謎の声
75、親友が生前によく言っていた事
76、いつも遠くから私を見ていた兵隊さん
77、ばばぁ!死んだら笑ってやる
78、死んでも人を助け続けている先輩
 
ちょっといい怖い話 (一覧)へ
スポンサーリンク

死んでも人を助け続けている先輩

  兄貴が大学生の時の話になるが、サークルのメンバーと海に行ったそうだ。   そこはわりと穴場なスポットで、海岸と砂浜の境目のような場所だった。   穴場と言っても、海水浴場だし、ライフセイ・・・

ばばぁ!死んだら笑ってやる

  去年の8月頃の話。   仕事の関係で、俺はほとんど日本にいなかった。   そして今回、半年ぶりに日本に帰ってきた。   帰ってきた港のすぐ近くには、祖母と叔父夫婦が住んでいる家・・・

いつも遠くから私を見ていた兵隊さん

  子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。   その人はヘルメットを被っていて、その襟足には布がひらひらして、緑色の作業服のような格好で、足には包帯が巻かれていた。   小学生になって・・・

親友が生前によく言っていた事

  5年前、幼稚園からの幼なじみだった親友の中岡(仮名)が肺炎で死んでしまった。   中岡はよく冗談交じりに、「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」なんて言っていた。   俺の方も負・・・

授業中に背後から聞こえた謎の声

  中学生の頃、頭の出来が悪かった俺は、同じクラスの馬鹿な友人数人と一緒に、夏休みにもかかわらず補習授業に参加させられていた。   セミがやたらとうるさかった8月の補習日。   英語の補習を・・・

キジバトに情が移ってしまった俺 2/2

前回までの話はこちら 近所の駐車場のようなところで、キジバトが車に轢かれていた。   もう死んでいたと思う。   よく見ると、片足が無かった。   なぜか、これはハトマンだという確信があった・・・

キジバトに情が移ってしまった俺 1/2

  小学校の時の話だから、少しうろ覚えだが赤裸々に語る。   家の庭に大きなビワの木が植わっているのだが、そこによく鳥などがやって来る。   野良猫も沢山いて、よく鳥を狙っているのを見たこと・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ