怖い話 (一覧)

トップページへ
 
01、怖 1巻(全20話)
02、怖 2巻(全20話)
03、怖 3巻(全20話)
04、怖 4巻(全20話)
05、怖 5巻(全20話)
06、怖 6巻(全20話)
07、怖 7巻(全20話)
08、怖 8巻(全20話)
09、怖 9巻(全20話)
10、怖 10巻(全20話)
11、怖 11巻(全20話)
12、怖 12巻(全20話)
13、怖 13巻(全20話)
14、怖 14巻(全20話)
15、怖 15巻(全20話)
16、怖 16巻(全20話)
17、怖 17巻(全20話)
18、怖 18巻(全20話)
19、怖 19巻(全20話)
20、怖 20巻(全20話)

21、怖 21巻(全20話)
22、怖 22巻(全20話)
23、怖 23巻(全20話)
24、怖 24巻(全20話)
25、怖 25巻(全20話)
26、怖 26巻(全20話)
27、怖 27巻(全20話)
28、怖 28巻(全20話)
29、怖 29巻(全20話)
30、怖 30巻(全20話)
31、怖 31巻(全20話)
32、怖 32巻(全20話)
33、怖 33巻(全20話)
34、怖 34巻(全20話)
35、怖 35巻(全20話)
36、怖 36巻(全20話)
37、怖 37巻(全20話)
38、怖 38巻(全20話)
39、怖 39巻(全20話)
40、怖 40巻(全20話)

41、怖 41巻(全20話)
42、怖 42巻(全20話)
43、怖 43巻(全20話)
44、怖 44巻(全20話)
45、怖 45巻(全20話)
46、怖 46巻(全20話)
47、怖 47巻(全20話)
48、怖 48巻(全20話)
49、怖 49巻(全20話)
50、怖 50巻(全20話)
51、怖 51巻(全20話)
52、怖 52巻(全20話)
53、怖 53巻(全20話)
54、怖 54巻(全20話)
55、怖 55巻(全20話)
56、怖 56巻(全20話)
57、怖 57巻(全20話)
58、怖 58巻(全20話)
59、怖 59巻(全20話)
60、怖 60巻(全20話)

61、怖 61巻(全20話)
62、怖 62巻(全20話)
63、怖 63巻(全20話)
64、怖 64巻(全20話)
65、怖 65巻(全20話)
66、怖 66巻(全20話)
67、怖 67巻(全20話)
68、怖 68巻(全20話)
69、怖 69巻(全20話)
70、怖 70巻(全20話)
71、怖 71巻(全20話)
72、怖 72巻(全20話)
73、怖 73巻(全20話)
74、怖 74巻(全20話)
75、怖 75巻(全20話)
76、怖 76巻(全20話)
77、怖 77巻(全20話)
78、怖 78巻(全20話)
79、怖 79巻(全20話)
80、怖 80巻(全20話)

81、怖 81巻(全20話)
82、怖 82巻(全20話)
83、怖 83巻(全20話)
84、怖 84巻(全20話)
85、怖 85巻(全20話)
86、怖 86巻(全20話)
87、怖 87巻(全20話)
88、怖 88巻(全20話)
89、怖 89巻(全20話)
90、怖 90巻(全20話)
91、怖 91巻(全20話)
92、怖 92巻(全20話)
トップページへ
スポンサーリンク

部屋にある全ての鏡は新聞紙で覆われていた

  先日に私自身がホテルで体験した話です。   私は、あるビジネスホテルで客室清掃のアルバイトをしているのですが、その時に掃除した部屋がとても怖かったのです。   その部屋はファミリーダブル・・・

そこに座ってテレビを見ると起こる怪現象

  これは、私が小学生の頃に体験した話。   私が生まれ育った地域は田舎の山奥で、小学校も全校生徒が30人くらいの小さなところだった。   なので、1年生から6年生までみんな顔見知りで、仲も・・・

出前のアルバイトでの恐怖体験

  大学生の頃の話。   俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。   本業(店舗)の片手間での出前サービスという感じで、電話応対やルート検索、梱包に配達まで、調理以外のほぼ全・・・

ホテルでの夜、ドアの前で男達が騒ぎ始めた

  10年程前、奈良へ旅行に行った夜のことです。   お風呂に入り、少しだけお酒を飲んで寝たのですが、疲れすぎたのか寝付けないまま時間だけが過ぎていました。   そして深夜0時を回った頃、突・・・

地面から少し浮いた状態で動く黒い塊の正体

  中学生の頃の話。   その友達とは家が近かったので、いつも学校から一緒に帰っていた。   友達のユキ(仮名)は、幼なじみの女の子。   学校から家までは、歩いて30分ぐらいの距・・・

外遊びから帰ってきた飼い猫の首輪に

  中学生の頃、飼い猫のミャーを昼間は外へ自由に出していた。   今なら問題ありかも知れないけれど、当時はそれが当然のような感じだった。   そんなある日、いつものようにミャーが外遊びから帰・・・

その女性を乗せたタクシーが向かった先は

(千原ジュニアが語った話より) タクシー運転手の話。   深夜2時頃に神戸を走っていると、一人の女性が手を上げていた。   しかしその場所は、夜中に人なんかが絶対に立っているよな場所ではないところで・・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ