怖い話 (一覧)

トップページへ
 
01、怖 1巻(全20話)
02、怖 2巻(全20話)
03、怖 3巻(全20話)
04、怖 4巻(全20話)
05、怖 5巻(全20話)
06、怖 6巻(全20話)
07、怖 7巻(全20話)
08、怖 8巻(全20話)
09、怖 9巻(全20話)
10、怖 10巻(全20話)
11、怖 11巻(全20話)
12、怖 12巻(全20話)
13、怖 13巻(全20話)
14、怖 14巻(全20話)
15、怖 15巻(全20話)
16、怖 16巻(全20話)
17、怖 17巻(全20話)
18、怖 18巻(全20話)
19、怖 19巻(全20話)
20、怖 20巻(全20話)

21、怖 21巻(全20話)
22、怖 22巻(全20話)
23、怖 23巻(全20話)
24、怖 24巻(全20話)
25、怖 25巻(全20話)
26、怖 26巻(全20話)
27、怖 27巻(全20話)
28、怖 28巻(全20話)
29、怖 29巻(全20話)
30、怖 30巻(全20話)
31、怖 31巻(全20話)
32、怖 32巻(全20話)
33、怖 33巻(全20話)
34、怖 34巻(全20話)
35、怖 35巻(全20話)
36、怖 36巻(全20話)
37、怖 37巻(全20話)
38、怖 38巻(全20話)
39、怖 39巻(全20話)
40、怖 40巻(全20話)

41、怖 41巻(全20話)
42、怖 42巻(全20話)
43、怖 43巻(全20話)
44、怖 44巻(全20話)
45、怖 45巻(全20話)
46、怖 46巻(全20話)
47、怖 47巻(全20話)
48、怖 48巻(全20話)
49、怖 49巻(全20話)
50、怖 50巻(全20話)
51、怖 51巻(全20話)
52、怖 52巻(全20話)
53、怖 53巻(全20話)
54、怖 54巻(全20話)
55、怖 55巻(全20話)
56、怖 56巻(全20話)
57、怖 57巻(全20話)
58、怖 58巻(全20話)
59、怖 59巻(全20話)
60、怖 60巻(全20話)

61、怖 61巻(全20話)
62、怖 62巻(全20話)
63、怖 63巻(全20話)
64、怖 64巻(全20話)
65、怖 65巻(全20話)
66、怖 66巻(全20話)
67、怖 67巻(全20話)
68、怖 68巻(全20話)
69、怖 69巻(全20話)
70、怖 70巻(全20話)
71、怖 71巻(全20話)
72、怖 72巻(全20話)
73、怖 73巻(全20話)
74、怖 74巻(全20話)
75、怖 75巻(全20話)
76、怖 76巻(全20話)
77、怖 77巻(全20話)
78、怖 78巻(全20話)
79、怖 79巻(全20話)
80、怖 80巻(全20話)

81、怖 81巻(全20話)
82、怖 82巻(全20話)
83、怖 83巻(全20話)
84、怖 84巻(全20話)
85、怖 85巻(全20話)
86、怖 86巻(全20話)
87、怖 87巻(全20話)
88、怖 88巻(全20話)
89、怖 89巻(全20話)
90、怖 90巻(全20話)
トップページへ
スポンサーリンク

車のバックモニターに映る小さな男の子

  これは、3年程前に自身で体験した話。   車で旅行をした帰路、あるファミレスに立ち寄った。   その日は疲れていて一刻も早く休憩したかったので、普段はしない前向き駐車で車を停めた。 &n・・・

その木で首を吊って死んでみたくなった

  親友が祖母から聞いたという話。   親友の祖母は、若い頃に長野県の田舎で病気がちな母と住んでいて、その家の庭には大きくて立派な柿の木があったらしい。   ある秋の夕暮れ、祖母は縁側でお茶・・・

海に飲み込まれた無縁仏が人を呼び入れている

  うちの爺さんの田舎は茨城なのだが、昔は土葬だったそうだ。   また、その頃の棺桶は樽のようなもので、遺体は体育座りにして入れられいたという。   その墓地は浜辺のすぐ後ろの雑木林にあった・・・

死んだ婆さまがいつも拝んでいたお地蔵さん

  地元のお寺に安置されているお地蔵さんの話。   我が家の住む町は、海辺の小さな田舎町。   母がまだうら若き乙女だった頃、近所の婆さまが死んだ。   その婆さまは、頼まれたら鳴・・・

この手袋、はめてくれませんか?

  私が中学3年生の時の話。   塾の帰りに地下鉄に乗った時のこと。   そこは始発駅だったので発車するまでの数分間は電車が止まった状態で、土曜の夕方なのに車内はとても空いていた。 &nbs・・・

動物をよく巻き込む除雪車

  知り合いの話。   彼は山奥の町で公務員をしている。   大雪が降った日は、除雪車に乗って雪を片付けるのも仕事なのだそうだ。   その除雪車が何やらおかしかったらしい。 &nb・・・

絶命しているであろう女房が谷底から呼んでいる

  白神山地は熊の湯温泉の主人の話。   ある日の夕方、この熊の湯温泉の主人のもとに、「山菜採りが滑落遭難した」との一報が入った。   主人が現場に駆けつけると、既に地元警察や救助隊が来てお・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ