隻眼になった馬のぬいぐるみ

ぬいぐるみ

 

15年以上も前のことになります。

 

当時、ほぼクラス全員からサンドバッグ状態でした。

 

図工の時間に金槌で頭を殴られそうになったことや、家庭科の時間に針で目を潰されそうになったこともあります。

 

担任には言ったのですが、「泣かないあんたが悪い」と一蹴されました。

 

そんなわけで、攻撃されたら相手を殺す気で反撃する、という気持ちが芽生えました。

スポンサーリンク

不思議な事が起きる

バスケの授業の時に、案の定ボール争奪戦に混じって殴る蹴る。

 

その時に、リーダー格の女の子の右目を爪で引っ掻きました。

 

しかし、やり所が悪かったらしく、その子は病院へ行くことに。

 

親に話すように言われたのですが、経過がどうあれ怪我をさせたのが自分なので、怒られるのが恐くて親に言えません。

 

帰宅するなり、当時うちに来たばかりだった馬のぬいぐるみを抱きながら学校であったことを話し、散々泣いて眠りました。

 

次の日に学校へ行くと、昨日のことがなかったことになっていました。

 

怪我をした当の本人も担任も何も言いません。

 

ホッとして帰宅し、馬のぬいぐるみを抱いて報告しようとして気付きました。

 

右目が無い。

 

何度確認しても、目を留めていた糸の痕跡どころか、目があった痕跡すらないのです。

 

部屋中を探しても目は見つかりません。

 

朝起きた時、抱いて寝たはずなのにお尻を向けて頭の上の方にいたので、ぽんと背中を叩いて家を出ました。

 

学校に行っている間に何かあったのでは?と親に確認しても、「部屋には入っていない」と・・・。

 

いつ目が無くなったのかはっきりしません。

 

その後、同じサイズの目を買って来たので付けてあげようとしたのですが、馬が嫌がっているようなので隻眼(片目)のままです。

 

今でも部屋にいますし、年甲斐もなく抱いて寝ています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ