畦に座っていると尻をツンツンと突かれる

畦

 

これは、知り合いの話。

 

彼が実家の山で、棚田の手伝いをしていた時のことだ。

 

畦に腰掛けて休んでいると、地に面しているお尻がツンツンと突き上げられた。

 

「うひゃぁ!?」と飛び上がって地面を見たが、そこには何も無かった。

 

首を傾げて再び腰を下ろすと、しばらく経ってからまたツンツンと突かれる。

 

即座に腰の下を探ったが、やはり何の姿も見つからない。

 

何回も立ったり座ったりしていると、実家の者がこう声をかけてきた。

 

「あぁ、ワラカラに突かれているなぁ。別にそれ以上の悪さはせんから放っておきなよ」

 

ワラカラとは稲藁を意味する言葉だそうで、その里では昔から知られた存在らしい。

 

決まって畦に座っていると、地面の下からお尻を突いてくるモノなのだと。

 

しかし、その姿を目にした人はいないという。

 

彼はその後、できるだけ畦に座らないようにしたのだが、それでも何度かうっかりと腰を下ろしてしまい、その度に「うひゃぁ」と突かれてしまったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ