家族で行った鍾乳洞にて

私が小学生の頃の話なんですが、

家族である鍾乳洞に行きました。

 

詳しい場所までは

覚えていないのですが、

 

人がいなかった感じなどから、

そんなに有名じゃなかったと思います。

 

まず、父が先頭をきって、

その鍾乳洞に入っていきました。

 

続いて姉2人が入っていった所で、

母が私に来ないの?と問いました。

 

私は何故か入ることを

頑なに拒んで、

 

その鍾乳洞の前で待っていると

母に告げました。

 

その後、どういう会話の

流れだったかは忘れましたが、

 

母もその鍾乳洞に

入りませんでした。

 

そして、近くの自販機で

飲み物を買ってくる、

 

と言い残して

行ってしまいました。

 

鍾乳洞の前で待っている間、

とても胸騒ぎがして、

 

凄く気分が悪かった事を

よく覚えています。

 

しばらく待っていると、

父が出てきました。

 

私は、無事に父が

出て来てくれた事に安心して、

 

急いで父のところに走りました。

 

その時、父が

 

「鍾乳洞は滑りやすいから

走ったら危ないだろ」

 

と言ったのです。

 

私は「入っていない」

と言いましたが、

 

父は笑うだけでした。

 

後で話を聞いた所によると、

 

鍾乳洞の中で

私は遅れて中に入っていき、

 

父と行動していたそうです。

 

ずっと父の腕にしがみ付いて

いたのですが、

 

もう少しで出口、という所で

走って外に出て行ったそうです。

 

もちろん、

私は入ってなどいませんし、

 

父の前に誰かが出てきた、

という所も目撃していません。

 

父の作り話かと思ったのですが、

 

後で鍾乳洞の中で撮影した

写真を見て驚きました。

 

ある1枚の写真に写った人が、

父と長女と次女の3人。

 

鍾乳洞の中には私の家族以外、

人はいませんでした。

 

私と母が入らなかったのですから、

その写真はどうやって撮られたのでしょう?

 

未だに不思議です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ