父が亡くなってから半年後の夜に

ハート

 

父は私が小学3年生の時に亡くなった。

 

これは、その半年後くらいの話。

 

その日は私にしては珍しく、夜の3時頃まで起きていた。

 

そろそろ寝ようかなと思って自分の部屋がある2階に行くと、母の部屋のドアが開けっ放しに。

 

夜は冷え込む時期に入っていたし、風邪をひくと困るだろうから、ドアを閉めてあげようとした、その時だった。

 

ベッドの脇に、寝ている母を覗き込むように父が立っているのが見えた。

 

幽霊的なものを見るのは初めてではなかったので、さほど驚かなかった。

 

むしろ、のんきに「母に会いに来たのかな?」と思って、黙って二人を見守った。

 

父はベッドに手をついて、母にゆっくりと顔を近づけていく。

 

私はすぐに、父が母にキスをしようとしているとわかり、自分の顔がほてるのがわかった。

 

でも、キスは実行されなかった。

 

あともう少しというところで母が寝返りをうったので、父の唇は枕と接触することに。

 

そのまま微動だにもしない父の姿がおかしくて、私は耐えきれずに吹き出すと、こちらに振り向く父。

 

ちょっと泣きそうになっていたあの顔は、今でもよく覚えている。

 

そのまま言葉もなしに父と見つめ合っていると、母がまた寝返りをうって仰向け状態になった。

 

父は待ってましたと言わんばかりの笑顔で母に向き直り、唇にキスを落とした。

 

そして床で布団を敷いて寝ていた兄の額にキスをし、最後に部屋の前で突っ立っている私の額にもキスをしていった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ