本音で喋れた唯一の友達

教室

 

これは、俺が中学生だった頃の話。

 

俺は学校へ行くのが嫌で嫌で仕方なかったのだが、そんな中でも何でも本音で喋れる友達が一人だけいた。

 

その友達の名前を仮に『吉川』とする。

 

吉川は身体が弱く、熱が出たり喘息があったりして学校を休むことが多かった。

 

そんな時、熱にうなされているとよく俺が部屋の壁から出てきて立っていたらしい。

 

確かに俺は、吉川と話している時間だけが楽しみで、それだけで学校へ行くのを我慢できた毎日だったので、彼が欠席の日はガッカリしていた。

 

だが、まさか生霊を飛ばしていたとは・・・。

 

「怖かったり気持ち悪くなかったんか?」と聞いてみれば、「別に。淋しいんだろうなって思ってたから」と言う。

 

吉川は普段からよく霊を見ているようだから慣れていたのだろう。

 

俺は自分が生霊化して友達に会いに行くぐらい、心の拠り所がないんだなと思ってショックだった。

 

遠く離れた今でも、吉川との付き合いは続いている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

2019年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ