先輩の女癖の悪さが招いた結末

風呂場 小窓

 

今から十年ぐらい前の話。

 

大学新卒で東京のとある出版社に

勤めることになった。

 

会社の寮は千葉県のM市にあり、

 

六畳の部屋が二つと、

トイレ、キッチン、バス共用の相部屋。

 

俺は一年先輩の人と一緒になる。

 

その先輩は基本的には良い人で、

 

俺にも親切だったが

女癖が悪いのが玉に瑕。

 

※玉に瑕(たまにきず)

それさえなければ完全であるのに、ほんの少しの欠点があること。

 

とっかえひっかえに、

複数の女と交際をしていた。

 

俺が寮に入る前は彼一人だったので、

 

よく女を連れ込んでは、

同僚の顰蹙(ひんしゅく)を買っていたそうだ。

 

俺が入ってからは治まったものの、

実際は内緒で連れ込んでいる事もあった。

 

(寮といってもアパートを会社が買い取って

改築したもので、管理人等はいない)

 

「アイツ、いつか女でえらい目に遭うぞ」

 

週末の寮での飲み会では、

よく酒のつまみにされていた。

 

そんな先輩に、

いよいよ洒落にならない出来事が起こる。

スポンサーリンク

全てを失うことになった先輩・・・

週末のある日のこと、

 

先に部屋に帰った俺は、

風呂に入っていた。

 

玄関のドアが開く音が聞こえて、

誰かが入ってくる。

 

湯船でくつろぎながら、

 

俺は先輩が帰ってきたのかと

曇りガラスに目をやった。

 

しかし、先輩ではなかった。

 

髪の長い女の人が、

スッと横切って行くのがハッキリと見えた。

 

その時、妙な胸騒ぎがしたのだが、

 

「またか、しょうがない人だな・・・」

 

またいつものように女を連れ込んだのだ、

そう思った。

 

風呂から出た俺は、

 

隣の部屋にハッキリと人の気配を感じながらも、

知らぬ振りを決め込んで布団に入った。

 

俺はその夜、

初めての金縛りを経験することになる。

 

疲れていた俺は、

すぐに眠ってしまった。

 

明け方近くだったと思う。

 

女の呻き声とも泣き声とも区別のつかない

異様な声で目を覚ます。

 

(金縛りの状態だったので、

意識が目覚めただけで体は動かない)

 

その異様な声は、

聞き取れない意味不明の音だったが、

 

次第に「○○!○○!(先輩の名前)

と聞き取れるようになる。

 

俺は目を開けれなかった。

 

恐怖よりも金縛りにパニックになり、

体を動かそうと必死だった。

 

そのあとブラックアウトしたまま朝になり、

本当に目を覚ます。

 

異様なほどの寝汗をかいていた。

 

体が重たく起き上がるのが辛かったが、

すぐに隣の部屋をノックする為に起き上がる。

 

「○○さん!います!?」

 

部屋からの反応は無い。

 

玄関を見ると、

靴は俺のだけで先輩のは無かった。

 

もちろん女性の靴も。

 

『なんだ、先輩帰ってなかったのか?

それとも女と揉めて早く出て行ったのか?』

 

俺は昨夜の金縛りを、

 

単なる疲れがもたらしたものだろう、

と納得しようとした。

 

しかし、

 

風呂で曇りガラス越しに見た髪の長い女が、

妙に頭から離れなかった。

 

気になったのでその日の昼過ぎに、

先輩と同じ部署の人に話を聞きに行った。

 

「え?○○なら気分が悪くなったって

昨日の昼頃に帰ったぞ?」

 

俺は、昨日女が入ってきたことや、

金縛りになったことを話した。

 

その人は急に顔をしかめ、

 

「お前、聞いていなかったのか・・・

あいつの女の一人が自殺したらしいんだ。

 

俺も詳しくは知らないんだけど、

それでアイツ最近ふさぎ込んでいたろ?」

 

月曜日になっても、

先輩は寮に帰らなかった。

 

無断欠勤が続いたので、

 

やむなく会社側も先輩の実家などに

連絡を入れることになる。

 

実家の方にも先輩からの連絡はなかった。

 

行方不明である。

 

両親は警察に捜査願いを出した、

とのことだ。

 

それから一ヶ月ぐらい経った頃、

先輩の実家から辞職願いが出された。

 

先輩は発見されたものの、

 

精神を病んでいて、

とても復職できる状態ではないと。

 

先輩の両親が俺たちの部屋に

荷物を取りに来ることになった。

 

一ヶ月間、俺は怖くて先輩の部屋には

なるべく近づかないようにしていた。

 

寮を管理している総務課の人が来ても、

俺は覗かないようにしていた。

 

先輩の両親は衰弱しきった様子で、

俺へ挨拶に来た。

 

俺は先輩にお世話になった身でもあり、

 

荷物を運ぶのを手伝うことにし、

部屋の鍵を開けた。

 

部屋は先輩がいなくなった時から

そのままにしておいてあった。

 

事件性があった時の為に。

 

綺麗好きだった先輩の部屋は、

よく整理してあった。

 

部屋の中央にはコタツがあって、

二つのコーヒーカップが置いてあった。

 

一つは飲み干されていて、

もう一つはコーヒーが入ったままである。

 

俺はコーヒーの入ったままのカップのそばに、

長い髪が落ちているのを見つけた。

 

あの日の事が鮮明に蘇ってきた。

 

『きっと、俺が見た女の髪だ・・・』

 

俺は両親に詳しいことを訊きたかったが、

そんな雰囲気ではなく、

 

淡々と荷物運びを手伝った。

 

俺はその後、

寮を出て会社もしばらくして辞めた。

 

先輩がその後どうなったか気になったが、

今となっては知るすべもない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ