「妙だったな・・・」と思う出来事がある

死神

 

たまに思い出しては、

妙だったな・・・と思う出来事がある。

 

それは中学生の時。

 

いつもは友達と下校していたが、

その日は一人だった。

 

学校の隣に「●●製作所」という建物があり、

そのすぐ横を歩いていた。

 

そうすると、

向かい側から人が歩いて来る。

スポンサーリンク

なんとも妙な感じだった・・・

ぱっと見た感じでは、

 

浅黄色の作業服的なブルゾンを着た

二十代くらいの男性に見えた。

 

(その製作所の人かな?)と、

 

すれ違う直前まで意識するでもなく

その人を視界に入れていたが、

 

もう少しですれ違うというところで、

その男性の“荷物”に気づいた。

 

かなり大きな赤錆びた鎌を、

さりげなく背負っていた。

 

(死神が持っていそうな柄が長いもので、

刃渡り60センチほどの大鎌)

 

(ツルハシか?)

 

すれ違いざまに目だけで二度見したが、

やはり鎌で、

 

その大鎌も含めてその男性の雰囲気は、

なんとも妙な感じだった。

 

“音が無い”というのか、

“気配が無い”というのか。

 

なんとなく振り返ってはいけないような気がして、

そして出来るだけ普通の足取りで歩き続けた。

 

何事もなく、家に着く。

 

あんなものを持って街中を歩いていたら、

確実に捕まるだろうという感じだったが・・・

 

西暦2000年頃の、

わりと都会での出来事である。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←←ランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ