病院夜勤時の巡回で起きた怪奇な出来事

点滴

 

これは、以前勤めていた病院での話。

 

そこでは夜勤帯は交代で巡回し、看護室に一人は残る決まりになっていた。

 

同僚看護師の堀田さん(仮名)が巡回に出た後、私は廊下側の窓のカウンター机で本を読もうとしていた。

 

その時、窓の向こうに『人の気配』を感じて顔を上げたが、堀田さんはいなかった。

スポンサーリンク

見知らぬ女

患者がうろついているのか?と思い、私は廊下に出てみたが、誰もいない。

 

すると、廊下の先で堀田さんが振り返ってこちらを見ていたので、私は「何でもない」と手を振った。

 

堀田さんはそのまま歩き出してT字の廊下を曲がった時、彼女の後を付いていくように女が現れた

 

女は音もなくスーっと滑るように移動していた。

 

私は一瞬固まったが、急いで堀田さんを追いかけた。

 

しかし、T字の廊下に着いて堀田さんが曲がった方を見ても、なぜか誰もいない・・・。

 

2つの病室を覗いても、堀田さんも女もいなかった。

 

ちなみに、反対の方向は検査室などで病室はなく、非常階段もこちら側。

 

私は事態を別病棟に連絡しようと看護室へ向かった。

 

そして看護室のドアを開けようとした時、T字の廊下から堀田さんが現れた。

 

女は廊下を真っ直ぐに滑っていった。

 

確かに、ついさっき見た時はいなかった二人。

 

堀田さんは貧血を起こしたような顔色で、「少し横になる」と言って眠ってしまった。

 

その夜、私の仮眠はなくなった。

 

また、T字の廊下から先は巡回できなかった。

 

外が明るくなってきた時、私は泣きそうなくらい嬉しかった。

 

夜勤明けの次の日、堀田さんはしばらく病欠に入ることになったと知らされ、私は夕方に事務長から呼び出され、経緯を話すと口止めされた

 

そして、堀田さんは結局そのまま姿を見せず辞めてしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ