その引き出しが開くのは1月15日の一日だけ

タンス

 

この話の出来事は現在も進行形で、もう何代も続いている。

 

ただ、因果だとか禍々しい話はない。

 

俺の田舎には、年代物の『桐箪笥』がある。

 

もう何代も前からそこにある、というかなりのレア物。

 

戦災にも遭わず、ただひたすら家人の衣装を守ってきた普通の桐箪笥だ。

 

同時に、本当に大事なもの、故人の形見などもそこには仕舞ってある。

 

しかし、その引き出しは普段は全く開かない。

 

鍵が付いているわけでもない。

 

16ある引き出しの、その引き出しだけが全く開かないのだ。

 

親戚の話では、『サクヤサマ』という方がその箪笥にいると言う。

 

そして、その引き出しが開くのは、毎年1月15日の一日だけ。

 

家人はその日を待って、本当に大事なものや形見をそこに入れる。

 

カビやくすみが付くことはなく、今もその中にはそういった物が入っている。

 

俺が赤ん坊の時の足形も、昨年亡くなった叔母の形見もそこに入っている。

 

そういったわけで、毎年1月15日は頑として開かない引き出しが音もなく開く貴重な日なのだ。

 

来年もそこに納める物があれば、たぶん帰省するだろう。

 

※コノハナサクヤヒメ(参考)

コノハナサクヤヒメという神様は、竹取物語のかぐや姫のモデルにもなったといわれる、日本神話に出てくる国津神という神様です。(神仏ネットより)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ