新築の自室でおかしなことが起こり始めた

ドアノブ

 

これは、私が小学6年生の頃に新築の家へ引っ越した時の話。

 

初めて一人部屋を与えてもらったんだけれど、引っ越して1年も経たない頃から昼夜に関わらずおかしなことが起こり始めた。

 

棚上の物が勝手に落ちたり、部屋の電気が突然点いたり・・・。

スポンサーリンク

「開けたら閉めろや!!」

極めつけは、夜中に妙な物音で目を覚ますと、寝ているベッドの対面にある部屋のドアノブが『ガチャガチャ、ガチャガチャ』と鳴っていたこと。

 

そして、そのうちそのドアが『ギィー・・・』とゆっくりと開いていく。

 

「誰かいるの!?」

 

私は震えながら布団を被って無理やり寝ていたんだけれど、好奇心もかなりあった。

 

物凄い心臓の音を自分で聞きながら布団の隙間から覗いてみると、ドアは開いているものの、誰もいない。

 

翌朝、両親に「昨晩部屋に来た?」と聞いても「来ていない」と言う。

 

その後も、ドアノブがガチャガチャしたり、ドアが開いたりは1週間近くも続いた。

 

さらには下半身だけの人も来た。

 

私は寝不足になり、見えない存在にかなり頭にきていた。

 

ある日、やはり夜中2~3時頃にドアノブをガチャガチャされたので、寝不足がピークに達していた私は、ドアが開くのと同時にドアの前まで行って思い切り叫んだ。

 

「開けたら閉めろや!!」

 

その後、私の大声で起きてきた両親に叱られたけれど・・・。

 

でも、怒鳴った次の日からはドアノブをガチャガチャするだけになり、そのうちそれも無くなった。

 

何者かは分からないけれど、少しは「ごめんね」と思ってくれたのかな。

 

後日談

高校生まではその部屋を使っていたけれど、就職のために家を出ることになり、2~3年ほど家に帰らなかった。

 

ある年、夏期休暇を利用して久しぶりに実家へ帰ると、私の部屋は御札で『封印』されていた。

 

両親曰く、お寺のお坊さんに「ここは人が住んでいい部屋ではない」と言われたそうで。

 

私がいない間にあの部屋で何があったのか?

 

未だに詳しく話してもらえない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ