部屋に上がって振り返るといるよ

アパート

 

学校から1駅の距離で、狭苦しい学生アパートと変わらない家賃とくれば、お察しいただける通りの事が起こるわけで…

 

親友は、それを承知でそのアパートに決めた。

 

これは、そのアパートで起きていた心霊話。

 

アパートに到着して部屋に上がると、日当たりも良く、手入れも行き届いていて、おかしなところは全くない。

 

私自身の霊感が皆無なこともあり、寒気がするとか頭が重くなるなどということもなく、居心地の良い部屋だという印象しかなかった。

 

だから、事が起きるのは夜だろうと思った。

 

荷物を置き、トイレを借りようとして部屋を出て、ふと気づいた。

 

玄関の上がり口に、中学生の男の子が背中を向けて座っている。

 

ちょうど靴ひもを結ぶ時に腰かけるみたいに自然で、私は親友の弟だと思い「こんにちは」と声をかけた。

 

それくらい自然だった。

 

当然、彼は振り向かず、ただ背を向けて座っている。

 

私は彼が何なのか気づいたが、怖くはなかった。

 

用を足し、部屋に戻る時も、彼は同じ所に座っていた。

 

親友にそれを告げたところ、「玄関を入る時は居ないけど、部屋に上がって振り返るといるよ」だそうで。

 

親友が借りた部屋自体は事故物件ではない。

 

元々このアパートに住んでいたのは両親と中学生の息子さんの3人家族で、息子さんが学校へ行く途中で交通事故で亡くなり、程なくご両親も引っ越されたという。

 

『出る』とわかっていても挨拶してしまうくらい、肩を叩いたら体温を感じそうなくらい自然な姿で、「息子さんが帰って来ていますよ」と教えてあげたいが、ご両親の行方は全くわからない。

 

私が親友のところにご厄介になっている間、いつでも彼はいた。

 

親友は一度留年し、5年間あのアパートで暮らしたが無事に大学を卒業した。

 

たまに会ってお酒を飲むと、「あの子どうしてるだろうね」という話題になる。

 

ちなみにそのアパートは素敵なマンションに建て替えられ、格安の部屋はもうない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ