僕が小さい頃からあそこにいるもん

部屋

 

これは、私の母の同僚が体験した話です。

 

仮に、その同僚を『佐藤さん』とします。

 

佐藤のお子さんはもう小学6年生になられるのですが、その子が小さかった頃のお話です。

 

佐藤さんは結婚してすぐ妊娠しました。

 

しかし、その妊娠中に旦那さんが交通事故で亡くなってしまったのです。

 

佐藤さんはあまりのショックのために倒れてしまい、お葬式にも参列できませんでした。

 

その後、子供が生まれて、ベビーベッドの上にくるくる回転するおもちゃを吊るしました。

 

・・・だけど、お子さんはそれを回しても見向きもせず、ある一定の方向ばかりを見ていました。

 

くるくる回転するおもちゃが回っていない時も、その方向を見て「きゃっきゃっ」と笑っていました。

 

時が経ち、その子が幼稚園に通い出すようになった頃、きちんとお父さんのことを話さなければと思った佐藤さんは、それまで一度も見せたことがなかった父親の写真を見せました。

 

「これがあなたのお父さんよ」と。

 

すると、その子は「僕知ってるよ。お父さん、僕が小さい頃からあそこにいるもん」と言ったそうです。

 

私の母はオカルトめいた事を信じる方ではありませんが、「世の中には不思議なこともあるもんだねぇ」と言っていました。

 

なんだかいい話ですよね。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ