悪いことが起こる時の不可解な前兆

泥

 

これは、私が小学生の頃の話。

 

当時、悪いことが起こる前に、『身の回りのものに茶色い泥のようなものが付く』ことがあった。

 

泥なのに、甘い香りがするんだ。

 

例えば、いつの間にか筆箱の中にべっとりと付いていたりする。

 

その程度だと、私物が壊れたり、ケガをしたりするだけで済むんだけれど、一度だけ酷いことが起こった。

 

私が学校で借りた本が、一部だけピッタリと閉じた状態になっていて開けなかった。

 

誰かのイタズラ?と思って破らないように開いてみたら、見開きが茶色い泥で埋まっていた。

 

その瞬間、強烈な甘い香りがして、机の上も手も泥まみれになり、少しパニックになった。

 

私は急いで掃除をして、怖かったのでそんな出来事を放置していた。

 

するとその夜、幼い弟が突然倒れて救急搬送された。

 

原因不明の高熱で、家族も大学病院に行ったまま帰って来ない。

 

私は3日ほど一人ぼっちになった。

 

何かおかしいのは気づいていた。

 

ふと「あの泥まみれの本のせいじゃ?」と思って、月曜日に「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と唱えて本を返したところ、弟の体調も良くなり、家族も家に帰って来た。

 

それ以来、泥は見ていないけれど、もう二度と見たくない。

 

・・・というより、『あの泥』は何だったんだろう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ