心霊写真を撮ってみたいから

 

友達と二人で話していたら、

 

久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと

言い出した。

 

近くの山道に、

 

惨殺事件があってからも未だに取り壊されず

残されていた民家があるので、

 

夜中に行ってみた。

 

玄関から居間、

 

風呂場とトイレ、

キッチンに父親の部屋、

 

階段から二階へ行き、

 

子供部屋からベランダ、

母親の部屋、

 

階段を降りて一階へ。

 

最後に家をバックに一人ずつ、

片っ端から写真を撮って帰った。

 

そして次の日、

 

出来上がった写真を見て、

俺達は驚いた。

 

何も写っていないのだ。

 

もちろん俺達は普通に写っている。

 

霊的な物が何も写っていなかったのだ。

 

A「・・・おかしくね?」

 

B「もう成仏しちゃったとか、

じゃねぇかな?」

 

A「やっぱそうなのかな。

 

じゃあ、あそこ行っても

もう心霊写真撮れないって事か。

 

無駄だったなぁ」

 

B「そうでもないよ。

 

行く途中に結構周りから孤立している

民家が一軒あるから。

 

次はそこ行こうぜ」

 

A「おぉ!マジで?そこも廃墟?」

 

B「そんな訳ねぇじゃん。

普通に人は住んでたよ。

 

今日の夜にでも行こうぜ」

 

A「おっけー、分かった。

今のうちに適当に準備しておくわ」

 

楽しみだ。

 

かなり久しぶりだから

何かワクワクする。

 

(終)

解説

実はこの二人が、

冒頭にある惨殺事件の犯人。

 

しかし、その場所で心霊写真が

撮れなかった二人は、

 

今夜にでも孤立している民家へ

また人を殺しに行く・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ