少女が叶えて後悔した願い事

 

ある少女のところに、

お星さまが降り立ちました。

 

『なんでも一つだけ、

願いを叶えてあげよう』

 

お星さまは言いました。

 

少女は泣いていました。

 

「家族を消してちょうだい!

あんな家族まっぴらよ!」

 

次の日、

 

少女が目を覚まして

一階へ下りると、

 

いつものようにお母さんとお父さんと

お兄ちゃんがいました。

 

少女は後悔しました。

 

その夜、

 

再びお星さまは少女の目の前に

現れました。

 

『気に入ってもらえたかな?』

 

少女は言いました。

 

「昨日のお願いを

取り消してちょうだい」

 

お星さまは言いました。

 

『一度叶えたお願いは

取り消せないよ』

 

少女は泣きました。

 

(終)

解説

少女と一緒に居たのは、

実は偽の家族。

 

家族を消してもらったはずなのに、

自宅に居る家族は消えていない。

 

自宅にいる家族は

本当の家族ではない。

 

どこかにいる本当の家族は

消えてしまった・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ