いじめられていた中学時代のこと

弁当

 

中学校に入ってから、

特定のDQNにずっとイジメられていた。

 

※DQN(ドキュン)

インターネット用語で一般の感覚から著しくズレている者、もしくはそれらで形成された集団の事である。非常識人。

 

持ち物に「死ね」と書かれたり

殴られたりもしていて、

 

俺はちょっと鬱になっていたと思う。

 

心配する母ちゃんに、

 

まだガキだった俺はきつく当たって、

錯乱して暴力を振るうこともあった。

 

かなり荒れた日の翌朝、

顔を腫らした母ちゃんが笑顔で、

 

「今日は大好きなハンバーグが

入ってるからね」

 

と弁当を渡してくれた・・・

 

申し訳ないやら情けないやらで、

泣きそうになりながら俺は学校に行った。

 

そして昼休み。

 

DQNが昼メシ忘れたからって、

俺に絡んできた。

 

せっかく母ちゃんが作った弁当なのに、

俺はDQNに殴られて弁当を奪われた。

 

「お前の弁当うめぇな~」

 

と言いながら全部食われた挙句、

空の弁当箱を投げつけられた。

 

思わず学校を飛び出して、

悔しくて泣きながら家に帰ったんだ。

 

家に着いたら母ちゃんも泣いていて、

 

初めて早退した俺に驚きながらも、

強く抱きしめられた。

 

そして翌日から、

イジメられることは無くなった。

 

母ちゃんありがとう。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

母ちゃんは弁当に『毒』を入れ、

息子を殺そうとしていた。

 

俺が学校を早退した時に

母ちゃんが泣いていたのは、

 

息子を毒で殺そうとしたことを

後悔していたから。

 

無事だった息子を見て、

強く抱きしめた。

 

そして、

 

毒入り弁当を食べたDQNは、

翌日から登校することはなかった。

 

そうしてイジメが無くなったのである。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ