30年近く部屋に引きこもっている弟

一軒家

 

10年程前のことです。

 

富山県のとある介護タクシー事務所へ

所属しており、

 

今は都内で別の仕事をしている

知人Aの話です。

 

当時勤めていた介護タクシーの事務所では、

家族からの依頼により、

 

精神障害などで手に負えなくなった方を

自宅から数人がかりで連れ出して、

 

力ずくで病院へ運送する仕事をしていました。

 

メインとなる大部分の仕事は、

 

通常の介護患者の運送をしているので

普段はそんな事まではやらないのですが、

 

身内を世間に大っぴらにしたくないという

地域性のためか、

 

そのような強制的な運送の依頼が

ぽつぽつと来ていたそうです。

 

そんなある日、

 

市内で何店舗も手広く経営しているような

有力者から、

 

「私の弟を連れ出して欲しい」

 

との依頼があり、

早速、指定された家に向かいました。

スポンサーリンク

地方の片隅にひっそりとある異空間・・・

依頼者からの説明によれば、

 

弟さんはイジメか何かで高校を中退して以降、

30年近くも仕事へ就いておらず、

 

40代後半の今に至るまで、

ずっと部屋に閉じこもっているそうです。

 

両親はもう30年以上前に離婚しており、

依頼者も奨学制度で大学に入って以降は独立。

 

弟さんは70歳前後の母親と二人で暮らしており、

 

母親は年齢を誤魔化しながらパートなどをして

生計を立てていたそうです。

 

依頼者は独立して家を出て以降も、

 

時々実家に出向いては、

弟さんを働くよう諭すことに挑戦してきましたが、

 

会うことすら難しく、

母親は母親で、

 

「本人が辛いと思っているなら

無理をさせない方がいい」

 

と、逆に依頼者へ言う始末。

 

埒が明かないまま今に至っておりました。

 

年老いた母親一人だけでは、

 

二人の生活を養っていくのには

難しいのが目に見えているため、

 

依頼者は数ヶ月に一度の仕送りをして、

生活の足しにしてもらっていました。

 

しかし・・・

 

半年ほど前から母親がパートを

休みがちになっていると耳にしました。

 

心配になって実家に行くと、

 

家へ入れてすらもらえず、

何度行っても門前払いばかり。

 

やむなく最終手段として、

介護タクシー事務所へ依頼してきたそうです。

 

連絡を受けた知人Aは、

 

同僚二人と依頼者の計4人で

実家へ向かいました。

 

説明にあった通り、

 

「おーい!開けろよ!」

「何かあったのか?心配してるんだぞ!」

 

と、玄関で依頼者が声を張り上げて

ドアをバンバン叩いても、

 

ほとんど聞き取れない位のか細い声で、

 

「入って来ないで・・・

うちらは心配しなくても大丈夫だから・・・」

 

と、母親らしき年老いた女性が

玄関越しに返答するばかり。

 

それが最後通告だったようで、

 

「こりゃ、もうダメだ。

裏から入って力ずくで連れ出して欲しい」

 

と、依頼者は知人Aらへ

決心を伝えてきました。

 

依頼者の案内で庭に回り、

 

腐りかけて弱くなった雨戸を外して

中に踏み込みました。

 

入ってみると、

一階はしばらく掃除していなかったようで、

 

あちこちにゴミが散乱し、

異臭すら放っていました。

 

台所には汚い食器がそのまま

シンクの流しに放置されており、

 

ハエが何匹も飛んでいました。

 

一階の各部屋を回りましたが、

 

さっきまで呼び掛けに返答していた

母親の姿も見えず。

 

どうやら二階へ行ったのだろうということで、

4人は階段から二階へ上りました。

 

依頼者によれば、

 

「二階の手前は倉庫代わりに使っているので、

恐らくそこには居ない。

 

弟が昔から閉じこもっているのは奥の部屋」

 

ということだったので、

奥の部屋の襖(ふすま)に手を掛けました。

 

中から何か引っ掛けられているようで、

なかなか開きませんでした。

 

やむを得ないので依頼者の承諾の元、

襖を持ち上げて外してみました。

 

その時・・・

 

中からカビ臭いような生臭いような

異臭が漂ってきて、

 

知人Aは吐き気すらしたそうです。

 

部屋の中には布団が敷かれており、

 

母親と一緒に40代の弟が、

まるで子供のように添い寝をしていました。

 

無理矢理に二人を引き離した時、

 

弟は子供のように泣きじゃくって抵抗し、

取り押さえるのに難儀したそうです。

 

母親が、「やめて!乱暴はやめて!!」

と泣きながら必死で止めようとしてきましたが、

 

それを依頼者が制止しました。

 

知人Aは弟を介護タクシーへ乗せるのを

同僚達に任せ、

 

取り乱す母親と依頼者のやり取りを見つつ、

部屋の中を見回しました。

 

まるで昭和50年代あたりから

時が止まっているような部屋で、

 

子供の読むような漫画やプラモデルなどが

大量に置かれ、

 

テレビも無く、

ましてゲーム機や電話も無く、

 

現代を象徴するような物や、

外界との接点を持つ物が、

 

何一つない異質な部屋でした。

 

それより異様だったのは、

 

シミだらけで黄色を通り越して

黒ずみでペラペラになった布団と、

 

半裸になっている母親の姿。

 

依頼者には黙っていましたが、

複数の状況を見るに、

 

長年に渡って母親と弟は

近親相姦をしていたのでは・・・

 

と感じたそうです。

 

30年近くも部屋に閉じこもっていた弟と、

無責任に溺愛していた母親。

 

地方の片隅にはまだこのような異空間が

ひっそりとあったのです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ