今の私は一体どこの誰なんだろう

和室

 

これは、母に「夏だし何か怖い話でもない?」と聞いてみた時の話。

 

母は「うーん」と少し考えた後で、思い出したかのように「怖い話というか、不思議な話ならあるよ」と言ったので、どんな話?と聞いてみた。

 

それにしても、まさか私の話とは思わなかったから少し驚いた。

スポンサーリンク

かわってあげたの

3人兄弟の末っ子長女だった私は、実によく泣く子供だった。

 

幼稚園の頃も、小学校に上がってからも、兄がイジメたと言っては泣き、お菓子が少ないと言っては泣き、誰も構ってくれないと言っては泣いていた。

 

そんな風だったからか、私が泣いたからといっても誰も困ったり焦ったりはしなかった。

 

それがまた私が泣くことに拍車をかけていたのだけれど・・・。

 

夏休みのある日のこと、母はパートから帰って来ると、二人の兄は近所の友達とゲームをして遊んでいて、私が別の部屋で一人で遊んでいるのを見つけたのだそう。

 

いつもならこんな時は、兄たちが仲間に入れてくれないとメソメソているのに、その日に限ってたった一人で楽しそうに遊んでいたらしい。

 

「今日は泣いてないね?」

 

母は思わずそう尋ねると、私は笑って頷いた後にこう言ったそうだ。

 

「ないてたから、かわってあげたの」

 

それからの私は、まるで別人になったかのように泣かなくなったという。

 

実は私は、小学校低学年以前のことは断片的にしか覚えていない。

 

それも、兄や母から聞いたエピソードばかり。

 

もし、あの時に「かわってあげた」のだとしたら、元の私は一体どこに行ってしまったんだろう?

 

そして、今の私は一体どこの誰なんだろう?と、ふと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ