大きなお狐様との不思議な出会い

狐

 

これは、忘れもしない小学3年生の頃にあった話。

 

田舎住みの私と、幼馴染で家族ぐるみの付き合いの大地君は、いつも二人で廃墟や森の探検に出かけていた。※名前は仮名

 

その日も山に出かけた。

 

自転車を山の入り口に停めてハイキングコースを歩いていると、コース脇に獣道を発見した。

スポンサーリンク

モッフン!

二人で獣道をワクワクしながら進むと、雨水を溜めるダムのような場所に出た。

 

もう使われていないのか、蔦でぐるぐる巻きになっている。

 

寂れたハシゴが掛かってあり、中を見てみようと私が先に上った。

 

中はどうせ枯葉や虫で汚いんだろうな・・・と思っていたら、真っ白い雲のような綿のようなものが敷き詰まっていた。

 

二人で縁に立ち、「なんだこれー?」と言いながら触ろうとすると、それまで無風だったのに突然後ろから強風が吹き、二人して中に落ちてしまった。

 

しかし、顔から落ちたのに全然痛くない。

 

モッフン!という感じだ。

 

「大地君、大丈夫!?」と聞こうと思って起き上がると、目の前には2階建ての家くらいありそうなデカいキツネが座っていて、ニンマリ顔でこっちを見ていた

 

私たちは恐怖よりもびっくりしすぎて、ポカーンとなった。

 

すると、横に居たらしい大地君が私の手をガッと掴み、「落ちてごめんなさい!」と叫んだ。

 

大地君の手が震えているのが分かり、私も「ごめんなさい・・・」とポカーンが抜けないままマヌケな声で言った。

 

キツネはニンマリ顔のまま体の向きを変えて、デカいしっぽをこちらに押し付けてきた。

 

「すげぇ!モフモフ!うわわわー!」と喜んでいると、腹か喉の鳴るような音が聞こえ、気がついたら真っ暗なハイキングコースでへたり込んでいた。

 

「今の何!?」

「今の何!?」

 

二人同時に向き合って叫ぶと、その瞬間に安心して涙がブワッと溢れ、私たちは手を繋いで泣きながらハイキングコースを歩いて戻った。

 

ただ、昼の2時くらいだったはずが、大地君の腕時計を見るとなぜか夜中の0時を過ぎていた。

 

山を降りるとパトカーがあり、親族が勢ぞろいしている。

 

私たちの姿を見るや、私の母と大地君のお母さんが泣きながら突進してきた。

 

「どこ行っとん!何かあったんかと思って生きた心地せんかったわ!バカタレ!」

 

顔をぐしゃぐしゃにして抱きついてきた母を見て、私も「ごめんなざぁぁい」と大泣きに。

 

父はへたり込んで泣いていた。

 

その後、家に帰ってから経験した出来事を伝えた。

 

どうせ信じてくれないんだろうな・・・という気持ちだったが、なぜか母と大地君お母さん、祖父母、それにおじいちゃんとおまわりさんが信じてくれた。

 

母と大地君のお母さん曰く、「山から降りてきて抱きしめた時、なんか獣の匂いがしたのと、動物の毛があちこちに付いていたから」、らしい。

 

おじいちゃんとおまわりさんは、今まで何度かあの山で「ソレを見た」という人がいたからだと。

 

後日お供えに行った時、ダムのようなものがなくて原っぱになっていた。

 

その場所に皆でお供えをして、帰った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ