砂上を這いずっていたのは男の生首

砂浜

 

これは、友人の話。

 

海岸の砂浜を歩いていると、行く手からズリズリという音が聞こえてきた。

 

視線を上げると、スイカほどもある黒い毛玉がこちらに這いずってくる。

 

「何だろう、海草の生えた大っきなヤドカリかいな?」

 

そんなことを考えながらぼーっと見ていると、そいつがクルリと上を向いた。

 

目と目が合った。

 

砂上を這いずっていたのは『男の生首』だった。

 

サッと目を逸らし、見ていないフリをした。

 

ズリズリと何かが這う音は止まることなく、彼のすぐ横を通り抜けていく。

 

音が聞こえなくなってから、恐る恐る背後を見てみた。

 

何かを引き摺ったような痕だけが、岩の向こうに続いていた。

 

確かめる勇気などなくて、脱兎のようにそこから逃げ出したそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ