火の玉の考えることなんて分からんよ

火の玉

 

これは、じいちゃんから聞いた話。

 

ある真夏の夕方のお使いの帰り道、お寺の片隅に人だかりが出来ているのを見つけた。

 

気になったじいちゃんは、人だかりが出来ている場所に行ってみた。

 

人だかりが邪魔で何が起こっているのか分からないが、「パァーン」と乾いた音が何度も聞こえる。

 

じいちゃんはますます気になり、人だかりをかき分けて一番前に移動した。

 

そこには横倒しになった灯篭があった。

 

その灯篭の上で、大きな『火の玉』がユラユラと揺れていた。

 

火の玉はユラユラと揺れながら、灯篭の先まで来ると一気に急降下した。

 

火の玉が灯篭の先にぶつかると、「パァーン」と乾いた音がした。

 

そしてまたユラユラと舞い上がっていく。

 

大きな火の玉は何度も同じ調子で灯篭の先にぶつかっていた。

 

灯篭の先にはすでに大きなヒビ割れが出来ている。

 

和尚さんは困った顔をしたまま立っていた。

 

野次馬も檀家さんもオロオロするばかり。

 

じいちゃんは隣にいた野次馬のおじさんに尋ねてみた。

 

「あの火の玉、どうしたの?」

 

野次馬のおじさんは溜め息交じりにこう答えた。

 

「うーん、火の玉の考えることなんて分からんよ」

 

じいちゃんはお使いの帰り道だったので早々にその場から退散した為、その後どうなったかは分からない。

 

ただ今でも、そのお寺には大きなヒビ割れの入った灯篭が1基立っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

2019年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ