帰り道の途中で火の玉を見つけた

火の玉

 

これは、じいちゃんから聞いた話。

 

じいちゃんが小学生だった時のこと、学校からの帰り道の途中で『火の玉』を見つけたそうだ。

 

イタズラ心に火が付いたじいちゃんは、火の玉に向かって小石を投げたり、木の枝で突いたりした。

 

そして、ゆらゆらと遠ざかる火の玉を追いかけ、執拗に小石を投げたり、木の枝で叩いたりする。

 

そんな追い駆けっこがしばらく続き、火の玉は畑の端にあった肥溜めまで来たところで急に止まると、スルスルッと肥溜めの中に消えていった。

 

数秒後、「ボカーン!!」。

 

なんと肥溜めが爆発して、じいちゃんは糞まみれになったそうだ。

 

じいちゃんはそれ以来、火の玉が大嫌いになったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ