その点検口だけは絶対に詰まらないワケ

点検口

※名前は全て仮名

これは、職場で伝わっている心霊現象にまつわる話。

 

俺は、とある廃棄物処理場で働いている。

 

そこには細かい金属の屑が流れる配管がある。

 

その配管は4系統あり、またそれぞれに3箇所の点検口があり、定期的に点検をしている。

 

たまに詰まることがあり、詰まると復旧が非常にメンドクサイのだ。

 

だが、1箇所だけ誰も開けない点検口があり、先輩に聞いても「そこは見なくていいから」とだけ言われた上に、機嫌まで悪くなって教えてくれない。

 

そう言われると、やっぱり気になるのが常。

スポンサーリンク

青白い手

後日、職場の飲み会の後で、酔っ払った別の先輩に聞いてみたところ、あっさりと教えてくれた。

 

「あそこは絶対に詰まらないから大丈夫。詳しいことは阿部さんに聞いてくれ」

 

阿部さんというのは古株のオッサンで、俺はあまり普段から接点がないので迷ったが、どうしても気になったので聞いてみた。

 

阿部さん曰く、「あそこの点検口は開けると青白い手が出てくんだよ」と。

 

なんだか安っぽい怪談だなぁと思いつつ、でもじゃぁなんで詰まらないのよ?なんて考えていたら、阿部さんの話に続きがあった。

 

「みんなが気味悪がって点検しないから、頻繁に詰まるようになって困っていたんだ。仕方なく、武藤さんに頼んで一緒に点検しに行ったんだよ」

 

武藤さんというのは阿部さんの元上司で、俺が入社した時にはもう定年で退職していた。

 

「開けたらやっぱり手が出てきて焦っていたら、武藤さんがいきなりプラスチックハンマーで手をブン殴って怒鳴ったんだよ。『くだらねえ事してねえで、詰まらねえように見張っておけ!』ってさ」

 

実際に、その辺りが詰まったのはその後1回だけだったそうだ。

 

その1回詰まった時も、武藤さんが配管をハンマーでぶっ叩いて、「てめぇサボってんじゃねえぞ!今度詰まったらぶっ飛ばすぞ!」と怒鳴ると、それ以降は詰まらなくなったという。

 

そういう事があり、武藤さんの指示で「あそこは見なくていい」となったようだ。

 

嘘くさい話だが、確かにその点検口の辺りだけは詰まった事はないし、作業員のみんながそこへ行くを嫌がっているのも分かるので、本当なのかなぁと思いつつある。

 

余談だが、配管の作りは4系統全て同じなので、そこだけ詰まらない理由が分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ