ばあちゃんが大事にしていた人形

実話というか、母から聞いた話。

肉親の話だから嘘じゃないとは思う。

 

母の昔の記憶だから、多少、

曖昧な所はあるかもしれないけど。

 

母がまだ子供の頃なんだけど、

遊んで家に帰って来たら、

居間の雰囲気がいつもと違う。

 

そのときは家に誰もいなくて、

母一人。

 

何が違うのかよくよく考えたら、

飾ってあった人形の位置が変わってたんだと。

 

普段はショーケースの中に入れて飾ってるはずが、

何故か床にうつぶせの状態で落ちてたらしい。

 

ばあちゃん(母の母)は几帳面な人だったから、

人形を放り出してどっか出掛けるなんて、

まずあり得ないという。

 

母はそう考えて、

最初は泥棒が入ったんじゃないかと

疑ったんだそうだ。

 

だけど、部屋の中の他のものは

全く動かした形跡もないし、

 

何か気持ち悪いなと思いながら、

母は元の場所に人形を戻しておいた。

 

そうしてるうちに、

ばあちゃんが家に帰って来たんで、

母が聞いたらしい。

 

「人形が床に落ちてたけど、動かした?」

 

みたいな感じで。

 

そしたら、

ばあちゃんは血相変えて「本当か!?」

慌て出したらしい。

 

慌て方が尋常じゃないんで母も怖くなって、

ばあちゃんに何が起きてどうなったのか

聞いたらしいんだが「教えられない」の一点張り。

 

とりあえず、じいちゃん(母の父)

仕事から帰るのを待ってたんだと。

 

じいちゃんが仕事から帰って来て、

ばあちゃんが早速そのことを報告すると、

 

じいちゃんがいきなりばあちゃんを張り倒して、

「だから捨てろと言ったんだ!」

と、もうブチ切れ。

 

その日のうちに車で1時間以上かかる距離の

寺まで行くと言って、

じじばばは出て行ったんだと。

 

母は一人残されて心細く思いながらも、

寝たんだそうだ。

 

そしたら夢の中にその人形が出て来て、

居間の中を飛び回ってる夢を見たらしい。

 

「普段見慣れてる人形の姿じゃなく、

もっと人間ぽい質感になってた」

 

と母は言ってたが、

 

昔の話だし、夢の中のことだから

俺にはわからん。

 

朝になって母が起きて来ると、

じじばばが疲れ切った顔して朝飯食ってた。

 

昨日は一体何があってどうしたんだと

母が聞いても、

 

「あなたは心配しなくても大丈夫」

 

と取り合ってくれなかったそうで、

母はもやもやしながら学校へ行った。

 

学校から帰って来ると、ばあちゃんが

その人形を丁寧に拭いている。

 

特に足の裏を念入りに拭いていて、

何をしてるのか聞いてみたが、

ばあちゃんは教えてくれない。

 

ちらっと見えた人形の足の裏は、

泥が付いたみたいに真っ黒くなってて、

 

ばあちゃんがそれを拭いてるように

見えたらしく、さすがに母も気持ち悪くなり、

ばあちゃんを問い詰めた。

 

<ばあちゃんが白状した内容>

 

・人形は昔からばあちゃんが大事にしていた。

 (ばあちゃんが子供の頃から)

 

・大事にしすぎて、じいちゃんと結婚するときも、

 捨てるに捨てられず持って来た。

 

・以前も人形の位置が変わったり

 汚れたりしたことがあり、寺に相談に行った。

 

・寺の住職の話によると、

 ばあちゃんが人形を大事にするあまり

 人形自体に念のようなものが移り、

 霊的なものも入り込む受け皿になったとの事。

 

・その時は住職にお経を唱えてもらって静まった。

 

住職からは、

「このまま家に置いておくと、

また良くないものが入るから、

寺に預けた方がいい」

 

と言われたが、

大事なものなので断った。

 

昨日もその寺に人形を持って向かったはずが、

寺に着いてみると人形がどこにも見当たらず、

仕方なく帰って来たら、

 

玄関先に人形が落ちていて、

足の裏が真っ黒だった。

 

箱に入れて持って行ったので、

出る時に玄関先に落とす、

ということはありえない。

 

その話をしてる間中、ばあちゃんは

人形の足の裏を拭き続けていて、

 

母は子供心に、

ばあちゃんがよっぽどその人形を

大事にしてるんだなってことと、

 

その人形にはまだ何かの霊が

取り憑いてるんだってことを思って、

どうしようどうしようと考えてたらしい。

 

じいちゃんが仕事から帰って来て、

母はじいちゃんに相談した。

 

じいちゃんも、前回人形がおかしくなった時に

ひどい目にあったらしく、

(詳しくは教えてくれなかったそうだが)

 

今回はどうしても人形を処分したかったらしい。

 

ばあちゃんに言うと

渋られるだろうからってことで、

 

ばあちゃんが寝てから、こっそり人形を寺に

持って行くことにした。

 

母も人形に対する怖さが先に立ってしまって、

それに賛成したらしい。

 

その夜、じいちゃんは人形を持って出掛けて、

そのまま帰って来なかったらしい。

 

人形はというと、

次の日の朝、玄関先に落ちているのを

ばあちゃんが発見した。

 

ばあちゃんはそれっきり、

人形を誰にも見せなくなったらしい。

 

ばあちゃんはそれ以来、

どこかおかしくなってしまったみたいで、

(じいちゃんがいなくなったのもあった

みたいだが)

 

結局母は、叔父の家で暮らすことが

多くなったんだと。

 

そんな暮らしをしてる間に

母も大きくなって結婚して、

 

俺が生まれるちょっと前に、

ばあちゃんは病気で入院した。

 

母がばあちゃんの部屋を整理していると、

押入れから箱に大事に入れられた

あの人形が出てきたらしい。

 

それを見て母は愕然としたそうだ。

 

人形の顔一面に、

何かを浴びたような黒いシミがあり、

 

人形の至るところにお札が貼ってあったり、

経文が書かれていたりの、

 

それはすごい状態だったらしい。

 

母は慌てて寺に行き、

住職(その頃は前の住職も亡くなってて、

次の代だったらしい)に家まで来てもらい、

 

お経をあげてから

寺に引き取ってもらったんだと。

 

お経をあげ終わって、母が

「ありがとうございます」って言って、

住職をさて送ろうかって時に、

 

病院から連絡が入って、

「ばあちゃんが大変だ」と。

 

母が急いで病院に駆けつけると、

ばあちゃんはもう虫の息だったらしく、

 

しばらくしてそのまま亡くなったそうだ。

 

ばあちゃんのお骨は、母の希望で、

寺でしっかり祓ってもらった後の人形と、

一緒に埋められたらしい。

 

人形とばあちゃんの因果関係とか、

じいちゃんが結局どうなったのかとかは

わからんのだが、

 

ついさっき母に聞いた話だ。

 

母の解釈は、

じいちゃんは寺に人形を預けに行く途中に

何かあって、たぶんもう生きてないだろう。

 

(当時、捜索願も出したが、

胡散臭い目撃情報しかなかったらしい)

 

人形についてたシミは返り血じゃないか。

 

ばあちゃんはそれを理解して、

おかしくなったんじゃないか。

 

ってとこで落ち着いてた。

 

じいちゃんもばあちゃんも、

「病気で死んだ」としか

聞かされてなかったからショックだ・・・

 

しかも俺、

来週ばあちゃんの墓参り行くんだよ・・・

 

人形は市松人形だったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ