人形に石を投げつけた日の夜の怪奇

人形

 

これは、これまでの僕の人生で一度だけ体験した怪奇な話。

 

通っていた小学校の裏に、小さな山があった。

 

そこには地元では有名な神社があり、学校の帰りにいつも友達とかくれんぼなどをして遊んだ。

 

ある日のこと、日が暮れてかくれんぼも終わり友達と集まっていると、ふと神社のお賽銭箱の脇に『古い女の子の和人形』が置いてあることに気づいた。

 

今考えると供養か何か意味のある人形だったと思う。

 

友達と「怖え~なぁ~」とか言い合っていたのだが、僕は友達に勇気を見せてやろうと、その人形に石を投げつけた。

 

それがなんと1発目が見事に命中する。

 

こともあろうか、人形の顔面のド真ん中にヒットした。

 

すると、カパッと人形の顔面が外れ、人形の中に石がスポッと入ってしまった。

 

人形の顔面は穴が開いて真っ黒になり、尋常ではない雰囲気になってしまったので、みんなで「うわっ!」と叫びながら逃げ帰った。

 

子供だからということもあってか、家に帰るとすっかりあの人形のことは忘れてしまい、テレビを見て、晩ご飯を食べた。

 

そして夜も遅くなり、さて寝ようと布団に入る。

 

僕の家は母子家庭だったので、母と2人で隣同士で寝ていた。

 

どれくらい時間が過ぎたかわからないが、夜中に小さな声で目が覚めた。

 

「ねぇ、ねぇ、ねぇ…」

 

隣にいる母の声がする。

 

母は向こうを向いて寝ていたのだが、僕に声をかけているのかと思い、「何?」と尋ねた。

 

でも母は変わらず、「ねぇ、ねぇ、ねぇ…」とこちらを向かずに言っている。

 

小さな声で囁くので、怖くなった僕は「何!お母さん!」と肩を叩いた。

 

すると、母は「ん、んん…」とうなされるように、くるっとこちらを向くように寝返りをうった。

 

(あれ?寝てたんだ。今の声は寝言なのかな?)

 

そう思った瞬間、ガンッ!と何かぶつかるような物凄い音が母の顔から聞こえた。

 

ガコッ!

 

母の顔が、髪の毛や輪郭はそのままで、まるで昼間のあの人形のように顔の部分だけ丸く凹み、奥に落ちた。

 

母の顔には穴が開き、その穴から「これ、どうするの?」という声がした。

 

その瞬間、僕は何も考えることなく気を失った。

 

朝になると普段通りの朝になっており、母は起きて朝ご飯を作っていた。

 

夢だったのか現実なのかわからないが、あの人形が怒って出てきたのかなと思っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ