今日は誰をお呪いで?

髑髏

 

これは、呪いにまつわる体験話。

 

私は仕事柄、色んな街へ行く。

 

その時には看板などをちらっと見たりするのだが、中には結構面白いものもあったりするので、わりと楽しみの一つになっている。

 

ある時、某県道を車で走っていると、妙な看板を見つけた。

 

『この先 ・・・m ・・・屋』

 

ただ、”・・・”の箇所は掠れていて読めなかった。

 

こんなにも掠れているのにほったらかしているのか?と少し疑問に思ったが、そんなこともあるか、とすぐに頭を切り替えた。

 

そして帰りに再びその近くを通ると、今度ははっきりと読めた。

 

『この先 100m 呪い屋』

 

仕事終わりで疲れもあったのでぼーっと見ていたが、すぐに興味が湧いてきた。

 

一体どんな店なのか?と、冷やかしに行ってみることに。

 

着くと、本当にそういう名の店があり、外ののぼりには『呪い請け負い』と書かれてある。

 

不気味ではあったが好奇心に負けて店内に入ると、本屋の店員でもしていそうな、ごく普通の見た目の店主がいた。

 

店内を見回してみると、それっぽい道具は見当たらないし、まるでカウンターだけのシンプルな飲み屋のようだった。

 

「いらっしゃい。今日は誰をお呪いで?」

 

声をかけられてビクッとしたが、私はまた嫌な好奇心を働かせてしまった。

 

「あ、あの…(誰がいいかな…せや!)上司を呪うのは可能ですか?」

 

「ええ、できますよ。上司さんの写真とか、ありますか?」

 

「携帯で飲み会の時に撮ったのが確か…」(上司が一発芸をしたのを撮った写真があった)

 

「はい、それで大丈夫ですよ」

 

店主に写真を見せると、それをじーっと睨み始めた。

 

しばらくして、口を開く。

 

「どの程度で?」

 

「じゃあ、軽めで」

 

「はい」

 

スッと目を細めてから、「はい、できましたよ」と。

 

「え、終わり?」

 

「はい」

 

件の上司は、この翌日から1週間ほど会社を休んだ。

 

理由は「食中毒になったから」だった。

 

あとがき

場所を某県と濁してあるが、参考までに『S賀県』とまでしか言えない。

 

佐賀か滋賀か。

 

特定せず、あえて2択にさせてもらう。

 

なぜなら、もしそのせいで私が呪われたら怖いし、もうその店が無くなっているかもしれないから。

 

ちなみに、2014年頃の話。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ