イジメの仕返しにと思ってやったことが

藁人形

 

これは20年ほど前、まだ僕が小学生の頃のこと。

 

当時、僕はクラスでイジメを受けていた。

 

今思えば、そこまで深刻ではなく、からかいの対象程度だったが、当時は凄く怖くて、そいつらが病気になって学校休んでくれないかな・・・とか、事故に遭ってくれないかな・・・とか、そういうことを毎日考えていた。

 

そんなある日、ふと思いついた。

 

両親の部屋にあったキューピー人形と、裁縫箱から針を持ち出して、そいつらの名前を書いた紙を人形に貼り付け、呪いの藁人形代わりにと、顔や体にグサグサと針を刺してやった。

 

10本くらい刺したところで、その人形はそのまま引き出しの奥深くに片付け、明日あいつらが死んでたらいいなあ・・・と思いながら眠りについた。

 

残念ながら翌日、そいつらは死んでいなかった。

 

そしてその日も学校では、いつものようにからかわれた。

 

ところが、夕方に祖母から家に電話があった。

 

「昨夜、お前に体中に針を刺される夢をみたけど、何か変わったことはないかい?」と。

 

昨日の行為は誰にも見られていないはずだから偶然だろうが、昨日のことなので僕は大いに焦り、泣きながら婆ちゃんに謝った。

 

婆ちゃんは、「いいよ、いいのよ」と許してくれた。

 

その週の日曜日、婆ちゃんは家に来てくれて、一緒に近所のお寺に行って事情を話し、針が刺さったままの人形を引き取ってもらった。

 

なんでも、そのお寺の住職さんは学校の先生を兼業でやっているらしく、僕の話を親身に聞いてくれた上、こう言ってくれた。

 

「そういう人間はどうしても出てくるから、他に仲の良い人をつくりなさい。嫌なことばかり見たり考えていては、人間どんどん悪い方向へいくからね。できるだけ良いことを考えなさい」

 

翌日から、僕はからかってくるやつらを無視して、同じゲームが好きな人と遊ぶようにした。

 

しばらくすると、あれだけ毎日のようにあった”からかい”もなくなった。

 

僕は霊感なんてものはないが、これまでの人生の中で唯一あった不思議な体験だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ