そこに何かが居るかもしれない現象

一升瓶

 

これは、友人の体験話。

 

単独行で山を楽しんでいた時のこと。

 

二泊ほど山中で過ごした日の夜、寝る前に持参した酒を一杯ひっかけた。

 

「ゲッ!?」

 

思わず嘔吐(えず)いてしまい、口から吐き出す。

 

昨晩まで美味だった酒が、いつの間にか酸っぱくて不味く、とても飲めるような代物ではなくなっていた。

 

その時ふと、不動産業に勤めている知り合いの言葉を思い出したという。

 

「霊が出るって噂のある部屋が空くと、ちょっとした確認をするんだよ。と言っても、日本酒を部屋の真ん中に一晩か二晩、置いておくだけなんだけどね。で、もし味とか色が変になっていたら、そこには”何かが居る”んだってさ

 

話を聞いた時には面白く思ったものだが、いざ思い出してしまうと、とても面白いという気分にはなれなかった。

 

周りの闇がどうにも気になってしまい、一晩中まんじりともせず、夜が明けるや否や、予定を切り上げて下山した。※まんじりともせず=ちょっとも眠らないで

 

理屈的には、お仏壇に供えた物の味が抜けたりするのと同じなのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ