恐怖からくる幻覚だと思っていたが

母の友人が昔、

病気で入院した。

 

病名は子宮ガン。

 

幸い、大したことはなく、

 

手術をすれば治るもの

だったそうで、

 

彼女は街で一番大きな病院に

入院することになった。

 

さて、彼女が入院して

最初の夜、

 

彼女は部屋の中に、

人の気配を感じたそうだ。

 

彼女の部屋は個室だったので、

 

看護士が見回りに来たのかな

と思ったのだが、

 

その気配は全然、

出ていく様子がない。

 

不審に思って

目を開けてみると、

 

そこには着物を着た男が一人、

立っていたそうだ。

 

いや、男という表現は

正しくないかも知れない。

 

その人物の顔だけが

まるで霞がかかったかのように、

 

まるでそこに何もないかのように

見えなかったというのだ。

 

彼女はあまりの恐怖に気を失い、

気がついたのは翌朝だったそうだ。

 

最初のうちは夢だと

思っていたそうだが、

 

その男は毎晩現れ、

 

ついには昼間にも

姿を見せるようになった。

 

しかし彼女は、

 

自分が病気や死に対する

恐怖のために、

 

幻覚を見るようになった

のだと思った。

 

家族や友人にも何も言えず、

ただひたすらに耐えていたそうだ。

 

しかし、我慢にも限界が訪れる。

 

彼女は思い切って、

看護士にうち明けることにした。

 

すると、その看護士は・・・

 

「見えていたんですか!」

 

と言って、

彼女を別の部屋に移したそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ