連続する謎めいた出会い

夜の公園

 

先日のある夜、私は遅くまで外で飲んでいた。

 

24時を過ぎた頃、そろそろ帰ろうと思い、タクシー乗り場まで歩いて行った。

 

家のある場所を指定し、車が走り出すのを確認すると、ついウトウトと眠ってしまった。

 

その後、運転手さんに起こされて車から降りると、全く知らない風景が広がっていた。

 

少し酔っていたので気づくのが遅れてしまったようで、タクシーも去って行ってしまった。

 

仕方なく、大きな道路の灯りが見える方向に、トボトボと歩き出した。

 

よく見ると、側には海が広がっており、何処かの工場地帯のようだった。

 

5分ほど歩くと、左側にかなり広い空き地があり、その奥に誰かが立っていた。

 

白い服を着た女性が地面を指差した格好で、うなだれたまま微動だにせずに立っている。

 

もともと変なモノが見えたりする体質なので、ここは放っておくのが一番であろうと思い、無視して通り過ぎることに。

 

広い道路に出てから標識で方向を確認すると、家から25km程も離れた所にいるのだとわかったが、歩いてはさすがに無理なので、再びタクシーを捕まえる必要があった。

 

そうして家の方向に向かって歩き出した。

 

20分ほど歩くと、片側2車線の道路の反対側に、さっきの女性が立っていた。

 

今度は顔をこちらに向けており、その顔は無表情で、まるで遺体のようだった。

 

当然、今回も無視する。

 

さらに30分ほど歩いて行くと、また同じシチュエーションで女性が立っていた。

 

それを繰り返すこと数回、ようやくタクシーを捕まえることができた。

 

帰る道々、運転手さんにさっきあった出来事を話すと、“同様の話でもちきりの地区”だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ