夜の地下通路に座っていた女の子

実話です。

 

私がまだ高校生の頃でした。

 

その日は、当時、

仲の良かった友人Iの家に、

 

泊まりに行くことに

なっていました。

 

二人でIの家まで自転車で

向かっていました。

 

夜9時を過ぎていました。

 

途中、地下通路を

通ることになりました。

 

前を見ると、

 

歩行者用の出口階段に、

 

誰か座っているのが

見えました。

 

自分は、こんな時間に

誰が座っているのだろうと、

 

Iを置いて、自転車の

スピードを上げました。

 

階段まで近づくと、

そこには・・・

 

黄色の帽子を被った

小さな女の子が、

 

うつむきながら

座っていました。

 

よく小学校1年生が被っている、

あの黄色の帽子です。

 

夜9時を過ぎているというのに、

 

子供がこんな所に座っているのは

とても不自然だったので、

 

お母さんとはぐれて

迷子にでもなったのかな・・・

 

と思い、

 

自転車を降りて、

その子に話し掛けたんです。

 

「どうしたの?お母さんは?」

 

少女「・・・」

 

「迷子になっちゃったの?」

 

少女「・・・」

 

何も答えてくれません。

 

ずっと下を向いたまま、

全く動きもしないのです。

 

私は、女の子が

何も話してくれないし、

 

顔も上げてもくれないので、

 

しゃがんで下から女の子の

顔を覗き込もうとしました。

 

と、その時、

 

Iが後ろから追い付いて来て、

 

I「おい!何してるんだよ!

早く行こうぜ!」

 

との声が。

 

内心、小さい女の子が

こんな夜遅くに一人でいるのに

 

冷たい奴だなぁと

思いながらも、

 

Iがどんどん行ってしまうので、

慌てて自転車に乗りました。

 

Iに追い付きましたが、

 

女の子のことが気になって

後ろを振り返り、

 

階段をもう一度見ました。

 

女の子はいませんでした。

 

自分が自転車に乗って

友人を追い掛けている間に、

 

どこかへ行ったのかな?

無事に家へ帰れたのかなぁ?

 

と普通に思っていました。

 

そんな時、Iが私に

話し掛けてきました。

 

I「お前、階段の前で自転車降りて、

何してたん?」

 

「はあ?小さい女の子が

座ってたじゃん?」

 

I「まじで?!誰もいなかったぜ?!

お前、俺を驚かせようとしてるなぁ?」

 

「ちょっと待って!

ほんとに誰もいなかったのか?

 

俺は驚かそうなんて

思ってもいないし、

 

ほんとに女の子がいたんだけど・・・

 

お前こそ、

ほんとは女の子いたのに、

 

わざと誰もいなかったなんて

言ってるんじゃないのか?」

 

I「いや、まじで誰もいなかった」

 

「・・・」

 

I「・・・」

 

全速力で自転車を漕ぎ、

その場を逃げ去りました。

 

後で知ったのですが、

 

何十年か前に、

 

その自転車地下道の

近くの工事現場で

 

誘拐殺人事件が

あったそうなのです。

 

その時に殺されてしまった

女の子だったのでしょうか?

 

自分は全く霊だとは

思っていませんでした・・・。

 

友人からの誰もいなかった

との言葉がなければ、

 

霊だと気づかずに、

 

あの女の子、無事に家へ

帰れたのかなぁ~

 

くらいで終わってたのですが・・・。

 

とても寂しそうでした・・・。

 

普通の人間だと思って

すれ違っている

 

多くの群集の中に、

 

霊が混じっていることが

あるのかも知れません。

 

自分が霊だと気づいていない

だけであって・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ