最終間近の路線バスにて

降車ボタン

 

最終間近の路線バス。

 

少し酔っていたせいか、

うつらうつらとしていると、

 

『ピンポーン』

 

降車ボタンが押された音に、

はっと目を覚ます。

 

次は私の降りる停留所。

 

いかんいかん、

乗り過ごしていたら大変なところだった。

 

私が一人降りると、

 

乗客の居なくなったバスは

そのまま発車する。

 

客が居ないのにご苦労さまです。

 

(終)

解説

私が一人降りると乗客が居なくなった。

 ↓

『降車ボタンを押したのは一体誰だ・・・』

 

私が乗り過ごさないように起こしてくれた、

とても気が利く霊ですね。

 

守護霊かな。

 

もしかすると運転手と二人っきりに

なりたかったのかな・・・

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ