当直の夜に運ばれて来た急患

 

俺は、当直だった夜に

急患で叩き起こされた。

 

急変とかで、

まあよくあることだ。

 

処置室に行くと、

 

ちょうど患者が救急車で

病院に着いた時だった。

 

救急車からストレッチャーで

下ろされたのは、

 

真っ黒に焦げた死体(に見えた)だった。

 

救急車のスタッフに聞くと、

 

交通事故を起こしたドライバーで、

引火した車の中で取り残されたらしい。

 

50代位の男性だった。

 

一応、生きてはいるが、

そりゃもう表面なんかは焦げ焦げで、

 

肉の焼ける臭いが辺りにたちこめ、

俺はもう吐き出しそうになった。

 

全然動く気配もない。

 

もう時間の問題だ。

 

「凄いですよ・・・

一応、心停止していません。

 

まあ、もうだめでしょうけど」

 

と救急隊員は言った。

 

当直責任者の医師も、

 

「あー、こりゃ凄いね」

 

と言って、

治療をする気もなさそうだ。

 

「ひどい・・・」

 

看護婦も目が怯えていた。

 

俺は、検査をするための

準備にかかった。

 

機器を置いてある部屋に入って

準備をしていたら、

 

その黒焦げの患者が運ばれて来た。

 

俺は、腕に検査の為の針を刺すので

その患者の血管を探したが、

 

表面が黒焦げで、

どこに血管があるか分からなかった。

 

「あー、これ、メチャクチャで

どこだか分かんないよー」

 

と俺は言った。

 

皮膚のまともなところを探そうと

腕を掴んだ時、

 

その黒焦げの患者が言った。

 

「・・・そんなに私、

ひどいんですか・・・」

 

「あ、あ・・・ぁ」

 

俺は声にならなかった。

 

ずっと意識はあったんだ・・・。

 

今までの俺達の会話を

聞いていたんだ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ