本家に災いをもたらしていた原因

農家 小作人

 

本家は昔からの大地主で、

沢山の小作人を働かせていました。

 

※小作人(こさくにん)

田畑など農地の所有者である地主(寄生地主)から農地を借りて耕作し、小作料を支払って農業を行っている農家のこと。小作農。はてなキーワード

 

昔の事なので『身分違いは人ではない』

という考え方だったらしく、

 

牛などの家畜と大差無い扱いを

していたそうです。

 

いつからか本家では、

不具合のある子が生まれる事が多くなり、

 

近隣には『呪われた家』と、

噂される様になりました。

 

ある日、呪い師に見てもらうと、

 

「無念の思いで死んだ小作人たちの怨みが、

この家に災いをもたらしている」

 

と言われたそうです。

 

それからは子供が産まれる時は、

近い日に産まれた犬を飼い、

 

その呪いを移す事になったそうです。

 

飼われた犬は三年ほど経つと、

急に狂った様に吠えて、

 

壁に頭を何度もぶつけて死ぬそうです。

 

田舎から貰った犬が、

 

すぐに流行り病で死んで

落ち込んでいた俺に、

 

分家の叔父さんがしてくれた話です。

 

「だからお前が悪いんじゃないよ、

気にしなくて良いんだよ。

 

病死なんだから、

まだこいつは幸せだったんだよ」

 

と言う叔父さんの顔は優しくて、

少し哀しそうでした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ