上の住人と重なる生活音 2/2

アパート

前回までの話はこちら

そうこうするうちに3ヶ月が過ぎ、フリーにも飽きた頃、奴は明らかに風邪をひいていた。

 

ゴホゴホと散発的に咳をしている。

 

その日は確か、月曜日か火曜日で週の初めだった。

 

どうやら奴は病欠したようだ。

 

昼ぐらいまでウトウトしていて、ふと思った。

 

向こうの音がこれだけ聞こえるということは、こちらの音も多少ながら向こうに聞こえている訳で、ここで私が昼日中から家に居ることが分かると、奴の方ではどう思うだろうか?

 

当然、奴の方も驚くに違いない。

 

私が思っていたことが、これから奴の考えることになるのではないか?

 

人の目覚ましで起きていたり、同じ時間に風呂やトイレに入ったり、気味の悪い奴だと感じていたそれが、向こうから見れば私が「気味の悪い下の住人」という訳だ。

 

ああ、弱ったな。

 

身動きが取れない。

 

でも、風呂はともかくトイレには行かざるを得ない。

 

ゆっくりこっそり戸を開けて静かに用を足し、不自由に過ごした。

 

早く就職して、この不自由から脱出したい。

 

切に願った。

 

「パキッ」

 

すっかり夜更けになった頃、ベランダの方で音がした。

 

寝ぼけ眼で窓を見ると、街頭に照らされた植え込みの影がさざめいている。

 

掛けっぱなしのハンガーが風でガラスに当たったのだろう。

 

「コーンッ」

 

ベランダの外枠は金属で出来ている。

 

ハンガーが落ちたか?

 

さほど気にする気もなく、もう一度窓を見る。

 

なにか違和感が・・・。

 

もの凄い圧迫感がある。

 

なんだろう?

 

気味が悪い・・・。

 

時間は夜の9時。

 

しまった!見たい番組があったんだ!

 

バッと飛び起きて電気を点ける。

 

録画しなきゃ。

 

テレビのリモコンに手を伸ばした時、窓の淵で何かが動いたような気がした。

 

視界の端にチラッと感じたが、とりあえずテレビ。

 

そしてトイレへ。

 

戻って来た時、先ほどの窓の淵を見てゾッとした。

 

手の跡が付いている!

 

その跡は正確には手のひらではなく、指先がスライドしたような跡。

 

つまり、誰かが窓を開けようとして指先で押してすべった跡だ。

 

背筋がキューッと寒くなった。

 

ライトを持って来て、さらに確かめてみた。

 

反対側の窓の淵にも指の跡があった!

 

ゾクゾク背筋か寒くなる。

 

これはヤバイ!

 

誰かが進入しようとしている!

 

怖くてパニックになりオロオロしていると、これでもかというタイミングで電話が鳴った。

 

ビックリして本当に3センチぐらい飛び上がった。

 

番号表示機能が無い電話機だったので、誰か分からない。

 

留守電に切り替わるまで心臓をバクバクして見守るしかなかった。

 

「おらんのか?おーい、A子」

 

お父さん?!

 

なんというタイミング!

 

普段はウザイだのムカツクだの思っていた父親が、この時ほど偉大な守護神に思えたことは無かった。

 

夜中というのに、隣県から父親が来てくれた。

 

母親も一緒に来てくれた。

 

一晩、文字通り川の字になって寝た。

 

この時ほど両親がありがたい存在だと実感した時はなかった。

 

なんて自分は幸せだったのかと、そう思うと涙がこぼれて泣きながら爆睡した。

 

その夜、父親はトラップを仕掛けていた。

 

ビデオカメラで指跡の着いた窓を録画し続けたのだ。

 

すでにお分かりだろうが、そこに映っていたのは「上の住人の男」だった。

 

そう言えば、いつからか見かけなくなったパンツが何枚かあった事とか、風呂に入る度に外を人が歩いていく音を聞いたとか、思い出すとあれもこれもいろいろ不審な事象があった。

 

とりあえず一件落着した。

 

後日、警察へ行くことになるのだが、上の住人の男がどうなったかは想像に任せる。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “上の住人と重なる生活音 2/2”

  1. どうも より:

    ただの変態やんw

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ