でんきをつけなくてよかったな

その日、

 

女子大生のA子さんが

B子先輩の部屋で、

 

サークルのみんなと

お酒を飲んでいた。

 

お酒を飲むと自然と会話が弾み、

非常に盛り上がった。

 

しばらく経つと、

先輩がこう切り出した。

 

「今日はそろそろお開きにしましょう。

私、眠くなってきちゃった・・・」

 

先輩はかなり酔っているようで、

フラフラして今にもダウン寸前。

 

メンバーは先輩をベッドに寝かせ、

電気を消して部屋をあとにした。

 

部屋を出てしばらく歩いていると、

 

A子さんは先輩の部屋に自分の携帯電話を

忘れていたことに気が付く。

 

A子さんは急いで携帯を取りに、

B子先輩の部屋に戻った。

 

部屋の電気は消えたままだった。

 

B子先輩が起きて鍵をかけた様子もなく、

ドアはあっさりと開いた。

 

「A子です・・・。さっき忘れた

携帯を取りに来ました・・・」

 

一応挨拶をしたが、

返事はない。

 

真っ暗な部屋で先輩は

ぐっすり眠っているようだ。

 

A子は電気を点けるのは

悪い気がしたので、

 

手探りで携帯を探し出すと、

 

「携帯が見つかりましたので

失礼します・・・」

 

と言うと、

自宅へと帰った。

 

翌日、

 

学校へ行く途中に

B子先輩のアパートの前を通ると、

 

そこには沢山のパトカーが止まり、

進入禁止のロープが張られ、

 

警察官でごった返えしていた。

 

何事かと思い、

A子は警察官に事情を話すと、

 

B子先輩の部屋の中へと通された。

 

そこは血が飛び散り、

部屋は荒らされていた。

 

特にB子先輩が寝ていた

ベッドは凄まじく、

 

大きな血溜りが出来ていた。

 

「被害者は寝ているところを変質者に

襲われて殺されたのでしょう」

 

警察官はそう説明した。

 

A子は、

 

もし携帯を取りに来た時間が

ずれていたら、

 

間違いなく自分も被害に

遭っていたかも知れない・・・

 

と思い、

凍りついた。

 

震えるA子に警官は、

 

「ちょっと分からないものがあるのですが、

これに何か心当たりはありませんか?」

 

と言って、

壁を指差した。

 

そこには、

 

B子先輩の血で書いたと思われる

赤い文字。

 

「でんきをつけなくてよかったな」

 

と書かれていた。

 

そう、

 

A子が携帯を取りに来た時、

先輩はすでに殺されており、

 

変質者がまだ部屋の中に

潜んでいたのだ。

 

もしも、携帯を探すために

電気を点けていたら、

 

自分もきっと・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ