カーブミラーに映る真実

カーブミラー

 

去年の6月の半ば頃の話。

 

当時、俺はバイクを買ったばかりで、大学が終るとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。

 

その日も特にする事がなく、次の日は休みということもあって、神奈川方面へ結構な遠出をした。

 

その帰り道、たしか夜の0時過ぎくらいだったと思う。

 

走っていた道も適当で、標識を頼りにあまり車通りの多くない道を世田谷方面に向かって進んでいると、急に前を走っていた車が急ブレーキを踏んで蛇行し、ガードレールにぶつかった。

 

目の前で事故を見たのは初めてだったのでかなりビックリしたが、そうも言ってられないので、ひとまずバイクを路肩に停めて車の方へ駆け寄った。

スポンサーリンク

子供轢いちゃった・・・

車の窓から中を覗き込むと中には女の人がいて、両手でハンドルを持ったまま頭を項垂れてガタガタと震えている。

 

え?これヤバくね?と思い、とりあえず窓越しに「大丈夫ですか?」と声をかけたのだが、女の人からの返事は無い。

 

結構パニック気味だった俺は、ここで警察に電話しないと!と、ふと気付いて110番をした。

 

警察を待っている間、何度か「大丈夫ですか?」と訊いていると、女の人はやっと車から降りてきた。

 

見た感じ怪我は無さそうだが、顔色は真っ青で何かぶつぶつと呟いている。

 

少し呟きが気になったので、「どうしたんですか?」と口元に耳を近付けると、震えた声でとんでもない事を呟いていた。

 

「子供轢いちゃった・・・子供轢いちゃった・・・子供轢いちゃった・・・子供轢いちゃった・・・」

 

俺はかなりギョッとした。

 

事故の瞬間を見てはいたが、子供なんていたか?

 

記憶を思い返しても、道路に人影があったようには見えなかった。

 

慌てて道路の方を振り返ったが、どこにも子供の姿はない。

 

俺は女の人を路肩に座らせて、あちこち歩いて見て回ったのだが、子供なんてどこにもいない。

 

そうこうしているうちにパトカーがやって来て、警官が2人降りてきた。

 

俺から警官に事情を話し、警官もかなりあちこち探してみたのだが、結局子供はいなかった。

 

俺も色々と事情を聞かれたのだが、少なくとも俺は、女の人の乗る車が急ブレーキを踏んでガードレールにぶつかったところしか見ていないし、道路に人影も見ていない。

 

俺は自分の記憶にある通り、警官に伝えた。

 

再度、警官が女の人に事情を訊きにいき、俺も一緒に聞いていたのだが、女の人が言うには、急に道路脇から子供が飛び出してきて衝突する音も聞いたという。

 

でも現実にはどこにも子供の人影は無い。

 

警官の一人がパトカーに戻って無線で何か話し始め、もう一人の警官が女の人に怪我はないかとか痛い所はないかとか訊いていた時、急に女の人が道路脇にあったカーブミラーを見て「ギャアアアア!!」と物凄い絶叫をあげた。

 

俺と警官はビックリして、瞬時に女の人の視線の先にあるカーブミラーを見た。

 

カーブミラーには、俺が一番手前に、歩道の路肩に女の人が座り、その横に警官が屈んでいたのだが、女の人と警官の後ろ、本来誰もいないその場所に子供が映っている・・・。

 

年は4歳か5歳くらい。

 

ちょっと良いところの幼稚園児が着る様な服を着て、無表情にミラー越しに俺たちを見ていた。

 

俺と警官は、ほぼ同時に後ろを振り向いたと思う。

 

しかし、そこには誰もいなかった。

 

もう一度ミラーの方を見ると、そこには俺たち3人しか映っていなかった。

 

女の人はこれで完全にパニックになり、とても話が聞けるような状態ではなくなってしまい、警官が呼んだ救急車でそのまま運ばれていった。

 

そして、俺には一応「後でまた事情を聞くかもしれない」と、住所や電話番号を訊き、最後に「ああいうのはさっさと忘れた方がいい。気にしない方がいいよ」と言ってきた。

 

が、そう言っている警官も、かなり顔色が悪かったが・・・。

 

その後、警察からは特に連絡など何もなかったので、真相などは全く分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ