解体する病院の診察室で寝泊りしていたら

病院

 

10年くらい前、埼玉で病院の改築をした時の話。

 

解体工事中にまだ事務所を構えていなかったので、解体予定の診察室Aに仮事務所を構えて仕事をしていた。

 

現場から家が遠く、年も若かったから帰るのもめんどくさくて、しょっちゅうその街で飲んでは事務所で寝ていた。

 

ある夜、いつものように飲んで事務所に戻ったものの、眠気が来ないので図面をチェックしていたら、「ペチペチペチ」という拍手のような音が聞こえてきた。

 

現場には浮浪者の侵入などもあったので、音のする方へ確認しに行った。

 

どうやら音のする場所は、1フロア上の診察室Bからのようだった。

スポンサーリンク

迷子で付いて来ちゃった

その時は心霊現象とかそういったものは頭の片隅にもなく、泥棒だったら引っぱたいてやる!とバール片手に部屋に入った。

 

すると、さっきまでしていた音がピタリと止んだ。

 

見回しても特に異常は無い。

 

ところが、部屋を出てしばらくするとまた聞こえる。

 

しかし部屋に入り直してみても、やはり誰もいない。

 

そして部屋から出るとまた音がする。

 

なので、俺はそーっと部屋に入ってみた。

 

すると、音はしているが誰もいないようだった。

 

これはきっと屋鳴り(材質の伸縮で出た音)だと思って部屋から出ると、微かに笑い声がした気がした。

 

さすがに怖くなり、ダッシュで現場から離れて駅前のビジネスホテルに泊まることに。

 

その後、情けないが怖かったので本気で事務所を探し、現場から歩いて3分くらいの場所にあるマンションの一室を借りて事務所にした。

 

それから一週間くらいは何事もなく、やはり飲み歩いて新しい事務所に泊まっていた。

 

その日も飲んで事務所に帰ると、「カチャカチャ」という小さい音が聞こえた。

 

しかし、俺はあまり気にせずにいた。

 

そして洋式便所に腰掛けて用を足していると、目の前の壁から「ペチペチペチ」という例の音がしてきた。

 

え?マジかよ!?とビビってしまった俺は、また駅前のビジネスホテルに逃げた。

 

翌朝、事務所に戻ってトイレに行ってみると、昨晩音がしていた壁のところに『小さい手形』が薄っすらと付いていた

 

血ではなかったようだが、赤サビのような泥のような薄っすらとした小さい手形だった。

 

これは普通じゃねえよ!と思い、近所の寺を探し、住職さんに事情を話して部屋に来てもらった。

 

すると、住職さんがボソッと言った。

 

「小さい子だからね、迷子で付いて来ちゃったんだね。帰らせてあげないと」

 

そして、お経をあげてくれた。

 

「他の人もいるかもねえ」と、その後に現場の病院にも来てくれて、同じようにお経をあげてくれた。

 

それ以来、そういった不思議な事はぱたりと無くなり、無事に改築工事を終えた。

 

住職さんに来てもらった後日、気付くと壁の手形は掃除もしていないのに消えていた。

 

そしてこれは蛇足だが、住職さんへのお布施は現場経費として認めてもらえず、懐の痛さにも泣いた。

 

こういった現場工事をやっていると、色々あるんだよね・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ