供えられた花が荒らされていたワケとは

電柱

 

これは、死亡事故現場にまつわる話。

 

よく通る道に花が手向けられている電信柱があり、通る度に供えられた花の種類が変わっていた。

 

なので、よほど大切な人を亡くしたんだろうなと気になって見ていた。

 

ある時、その電信柱の前を通ったら、その花が荒らされていた。

スポンサーリンク

その花を供えていた人は実は・・・

次の日に通ると、花は綺麗に新しくなっている。

 

その日の夕方に通ると、また花が荒らされていた。

 

その後、荒らされる→新しい花→また荒らされる、というのが暫く続いた。

 

猫や鳥にやられたのかな?と思いつつ通り過ぎていたが、ある日に偶然にもその花を荒らしている最中の人を目撃した。

 

俺はとっさに車から降り、「何してるんですか!」と咎めた。

 

すると、こちらを向いた40~50代と思しき女性が、「○○ちゃんを返して!!」と号泣する。

 

俺は虚をつかれてうろたえながら、彼女を宥めつつ話しを聞くと、彼女は娘さんをここで亡くしたという。

 

娘さんは歩いていて、車に突っ込まれた。

 

車を運転していた男性も、この電信柱にぶつかった衝撃で亡くなった。

 

そしてこの花は、加害者の男性の家族が供えている。

 

その花を見る度に娘を思い出してしまい、いたたまれなくなって花を荒らすようになってしまった、といった感じだった。

 

「もうこんな事はしませんから・・・」

 

そう言って、泣きながらふらふら帰っていく彼女を見て、俺はやるせない気持ちになり、暫くそこに立ち尽くしていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “供えられた花が荒らされていたワケとは”

  1. 匿名 より:

    1ミリも怖くないよぉ…(泣)

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ