送られてきたDVDに映っていたもの 2/2

DVD

前回までの話はこちら

その時点で、

 

俺はこのDVDを警察に渡せば

良かったのかも知れません。

 

しかし、俺は気が動転してしまい、

冷静な判断が下せませんでした。

 

怖くなった俺は高校時代の友人に、

このDVDを観てもらおうと思いました。

 

友人は「忙しいから後で観る」とのことで、

そのDVDを渡しました。

 

友人にDVDを渡した日の深夜2時頃、

携帯に電話がかかってきました。

 

友人は慌てた声で、

 

「お、おい!これマジやばいぞ!

すぐお祓いしてもらえ!」

 

「え? お祓いって?意味が分からんぞ?

男が首吊り自殺をしている映像だぞ?」

 

「お前・・・女が見えないのか?」

 

「女?」

 

「着物姿の若い女が男の背中に抱きついて、

こっちを不気味な顔で微笑んでいるんだよ!」

 

「俺はそんなの見えなかったぞ?」

 

「とにかく明日このDVD返すから、

お祓いして処分してもらえ!」

 

友人はそう言い残すと電話を切った。

 

その時までは、

友人が寝ぼけていると思っていました。

 

そして次の日。

 

仕事が終わった後に友人宅に寄り、

 

DVDを返してもらった後にもう一度だけ

映像を観ることにしました。

 

・・・しかし、

着物姿の女は映っていませんでした。

 

そこで、

今度は彼女に観せることにしました。

 

3年前から付き合っている年上の彼女ですが、

よく「霊感がある」と言っていました。

 

自分で再度確認してから2日後、

彼女を俺のアパートに呼びました。

 

「ちょっと観て欲しいものがあるんだ」

 

そう言って、

DVDを彼女と一緒に観ました。

 

すると・・・

男が独り言を言っている最中に、

 

「キャアアアアアアアア!!」

 

と彼女は大声で叫び、

腰を抜かしてしまいました。

 

「どうした?何か見えたの?」

 

と尋ねると彼女は、

 

「見えないの?

 

白い着物姿で、頭が半分潰れて

血をドロドロ流している女が・・・」

 

その時になってようやく、

このDVDはヤバイと気づきました。

 

彼女は顔の色が真っ青で、

失禁までしていました。

 

また、彼女も友人と同じで、

 

絶対にお祓いしてもらった方がいい、

と言ってました。

 

さらに次の日。

 

お寺の住職さんに無理に頼み込み、

お祓いをしてもらいました。

 

住職さんは、「大丈夫、大丈夫」

と言ってくれました。

 

そして、

DVDは住職さんに預けました。

 

これで大丈夫なんだと安心しました。

 

しかし・・・

 

次の日の朝に携帯が鳴って出てみると、

友人の母親が慌てた声で訊ねてきました。

 

「カズ(仮名)が4日前から

家に帰って来ないの。

 

どこにいるか知らない?」

 

俺は「知らない」とだけ答えました。

 

直後に嫌な予感がしたので、

 

あの日以来連絡のなかった彼女に、

急いで電話をしました。

 

しかし・・・

 

電話やメールを何度も送っても、

返事が返ってきません。

 

気になって彼女のアパートへ行きました。

 

でも、アパートに彼女は居ませんでした。

 

少し様子をみようと、

2日間ほど彼女の連絡を待ちましたが、

 

連絡はありませんでした。

 

俺は”マジで洒落にならない”と思い、

 

彼女の実家の両親に連絡した後、

警察に捜索願いを出しました。

 

友人にも何度も連絡しましたが、

まだ家に戻っておらず、

 

友人の親が捜索願いを出したとのこと。

 

それからさらに2日後、

俺宛てに郵便物が届きました。

 

俺はそれを見て、

狂ったように叫びました。

 

住職さんに処分してもらったはずの、

あのDVDでした。

 

手紙などは何も入っておらず、

送り主は“M”からでした。

 

俺は急いでMにメール送りましたが、

相変わらず返事は返って来ず。

 

次の日に俺は会社を休み、

再び住職さんのところへ行きました。

 

・・・すると、

お寺は喪服姿の人だかりでした。

 

何をしているのか尋ねてみると、

 

住職さんは昨晩、

心臓発作で亡くなったとの話でした。

 

このDVDは何かがおかしい・・・

 

これはMの仕業かも知れない・・・

 

Mは生きている・・・

 

明晰ではないがDVDとMの事について、

警察に相談しようと考えました。

 

※明晰(めいせき)

明らかではっきりしていること。

 

その前にもう一度、

DVDを確認しようと観てみました。

 

でも、やっぱり何も見えず、

諦めてDVDを取り出そうとした時・・・

 

「・・・私が・・・見たい?」

 

喉が枯れたような声がはっきりと聞こえ、

俺は腰を抜かして悲鳴を上げました。

 

急いで警察にDVDを提出して、

Mの事を話しました。

 

それから現在に至りますが、

未だ友人も彼女も見つかっておりません。

 

ただ、昨日・・・

再びMからDVDが届きました。

 

手紙などは入っておらず、

DVD1枚のみでした。

 

Mは一体何者なのでしょうか?

 

映像の中で首吊り自殺をしていた男は

一体何者なのでしょうか?

 

今でも謎のままです。

 

そして今日、

久し振りにMからメールが届きました。

 

『逃がさないよ。

そろそろ終わりにしてあげる。

 

これは愛子の復讐だ』

 

正直、意味が分かりません。

 

俺は“愛子”という女性を知りません。

 

ただ・・・

俺もそろそろヤバイような気がしています。

 

最後になりますが、

 

このDVDの映像を、

動画サイトにアップしようか迷っています。

 

仲間が欲しいのは本音です。

 

だって、俺も人間ですし・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ