竜神様は見られた人間の一番嫌いなヤツを殺す

龍

 

これは初夏の連休にワクワクしながら、一人で自炊しながらの車中泊旅行へ向かった時の話。

 

クワガタ好きの俺は、大きなオオクワガタが捕れることで有名な『十和田湖』に行った。

 

湖は透明度が高く、暑かったこともあって湖に飛び込んだ。

 

かなり深い湖底を見た時はパニックになって溺れるところだったが、足元に大きな丸太のようなものが俺を浮かせた挙句、浅瀬に運んでくれた。

 

ただ、千と千尋の神隠しに出てくるハクの白い竜のような蛇が、反射する湖面から見えた時は鳥肌が立った。

スポンサーリンク

有り得ないことが起きる

近くの漁師に、「ネッシーみたいな感じの噂を十和田湖で聞いたりします?」と聞いてみると、地元の人達の間でも、湖でクネクネした灰色の竜神様が5月にワカサギの群れを追いかけるのを見た人もいるという。

 

その後に、「竜神様は見た人間の一番嫌いなヤツを殺すんだ」と言われ、色々あって恨んでいた母のことを考えると泣きたくなり、助けてと願い続けた。

 

結局、一泊もしないで帰った嫌な旅行だった。

 

そして連休も明け、会社へ行こうとした朝に、「母が倒れた」という連絡を受けた。

 

俺は「アレのせいだ!」と思い、すぐ田舎に帰省した。

 

昔から癌の治療をしていた母の治療費が馬鹿にならず、俺は結婚も諦め、死にたいと願っていた時もあった。

 

しかし、母が苦しんでいる姿を見た時、「どうせ生きる意味がない俺の命をあげて生きて欲しい」と願っていた。

 

8時間後、慌しい感じが病室から聞こえた。

 

医者「あれ?」

 

その一言を聞いただけで、治療室に母は運ばれた。

 

2時間程して医者が戻ってきた。

 

医者「お母様の転移している癌が小さくなっています」

 

「え?」

 

医者「お母様の癌がどんどん小さくなっているんです。こんなことは初めてです」

 

結局2週間後に母は、癌が小さくなり最終的に無くなる、という有り得ないことが起こって退院した。

 

母は今も元気で、春にはフキノトウのバッケ味噌を送ってくれたり、嫁の家族が開業医なこともあってか保険はこれが良いなどと教えてくれたり、昔のような苦しい思いはなくなった。

 

『竜神様は見た人間の一番嫌いなヤツを殺す』

 

聞いた時は恐ろしいと思ったが、俺を救ってくれた。

 

今思えば十和田湖へ旅行に行くきっかけは、夢で変な形の湖を飛んで感動してたからだった。

 

長野の人間を秘境十和田湖の竜神様が救ってくれた意味は分からないが、俺が手掛けた遊覧船が今年、十和田湖で進水する。

 

あとがき(考察)

竜神様は見た人間の一番嫌いなヤツを殺す、の『ヤツ』とは、決して人間だとは限らない。

 

文中の俺が憎んでいたのは、母自身ではなく『母の癌』だった。

 

なので竜神様は、俺の嫌いなヤツ、つまり母の癌を殺したのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ