夜は誰も近寄らないトンネル

トンネル

 

従姉の友達のお父さんから聞いた話。

 

夜に入ってはいけないと言われる

トンネルがあったという。

 

そのお父さんが若かった頃、

 

友だち4人とそのトンネルへ

肝試しに行くことになった。

 

そのトンネルは、

人里から離れた山の中にあり、

 

1台の車にみんなで乗り合わせて

行くことになった。

 

電灯なんてもちろん無く、

辺りは真っ暗。

 

大勢で来たものの、

やっぱり怖くなって、

 

車に乗ったままスピードを落としながら、

トンネルを通過してみることになった。

 

トンネルの中をそろそろと車が進む。

 

しかし、

これと言って不思議なところはない。

 

トンネルを半分ほど進み、

 

なんも起こんねえなあ~

なんて車内で話していたところ・・・

 

ドゴンッ!!

 

突然の衝撃音。

 

何事かと思って外を見ると、

助手席側の窓に男が張り付いている!!

 

慌てて車を急発進させようとすると、

いきなりエンスト。

 

車は、うんともすんとも

言わなくなってしまった。

 

一同はパニックになり、

車を飛び出した。

 

トンネルを一目散に抜けて、

灯りもない山道を無我夢中でひた走る。

 

どうにか山のふもとの村まで辿り着いて、

民家に助けを求めた後、

 

初めて気が付いたそうだ。

 

一人足りない・・・

 

逃げている途中で、

はぐれてしまったのだろうか?

 

いや、

Yは助手席に座っていた。

 

男が張り付いていたのは

助手席側の窓だったから、

 

逃げ出せなかったのかも知れない。

 

みんな自分のことで精一杯で、

 

誰がどうしていたかなんて

全然覚えていなかった。

 

やばいよ、助けに行かなきゃ、

ということになったのだが、

 

村人たちはそんな彼らを

必死になって止めにかかった。

 

村人曰く、

 

「あそこだけは夜は絶対に

誰も近寄らないんだ。

 

夜が明けてから行った方がいい」

 

結局は村人たちに押し留められ、

 

一睡も出来ないまま、

村で朝を迎えた。

 

昨夜は転げるように降りて来た

山道を再び登って、

 

例のトンネルへ向かう。

 

車は昨日エンジンが止まった所に、

ぽつんと停まっていた。

 

Yは無事だろうか?

 

みんな小走りで車へ近寄る。

 

Yは確かに車の中に居た。

 

だが・・・

 

有らぬ方を見つめて、

ケタケタと笑い声をあげていた。

 

そんな彼は、

 

今でも精神病院に入っているとか

いないとか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ