高校で起きた不可解な死の連鎖 1/2

教室

 

高校生の時、

通っていた学校で死人が出た。

 

生徒が一人、

校舎の上階から落ちたらしく、

 

校舎脇に倒れているのを

朝出勤してきた先生が見つけた。

 

亡くなったのは、

前日の夕方だったらしい。

 

その日は1限目が緊急の全校集会となり、

その後もHRから強制下校となった。

 

亡くなったのは面識の無い上級生だったので、

最初はイマイチ実感が湧かなかったが、

 

その人のクラスはパニック状態だった。

 

亡くなったのは、

当時3年生の伊藤さんという名前の人。

 

聞いた話だと、

 

結構面倒見が良く、

気さくな人だったらしい。

 

うちのクラスにも何人か知り合いがいて、

みんな泣いていた。

 

翌日から3日間の臨時休校。

 

休校の理由は、

 

まだみんな落ち着けないから、

というのもあったのだろうが、

 

何よりも、

事の真相がハッキリとしなかったからだ。

 

なにせ、

事故なのか?事件なのか?自殺なのか?

 

当初はそれすら結論が出なかった。

 

現場保存も兼ねて、

警察が休校を要請したと言われていた。

スポンサーリンク

謎だらけの状況と二人目の犠牲者・・・

まず問題は、

どこから落ちたのかが分からない。

 

自分の教室がある5階の窓の下に

倒れていたらしいが、

 

倒れていた場所から上の階の窓は、

その教室の窓も含め、

 

全てが閉まっていたという。

 

屋上の鍵も閉まっていた。

 

誰かが人が落ちたことを知らずに

窓を閉めてしまったのだろうが、

 

屋上のフェンスや教室の窓枠などに、

 

跨いだり乗り越えたりした痕跡が

一切見つからなかった。

 

靴も揃えて置かれてはおらず、

本人が履いていた。

 

休校が明けると、

他にもいくつかの情報が流れてきた。

 

伊藤さんは野球部の主将で、

大柄で力も強い人だったので、

 

突き落とすのは難しそう。

 

死因は全身打撲だったが、

 

それとは別に、

後頭部に大きな傷があったらしい。

 

本人の自転車が無くなっており、

未だに見つかっていない。

 

・・・などなど、

自殺の要因は見当たらないらしい。

 

一週間ほど経った頃、

警察が自殺との結論を出した。

 

しかし、

 

伊藤さんの家族もクラスメートも

納得はしなかった。

 

当時の俺の彼女でクラスメートだった

野球部マネージャーの田中も、

 

その納得しない一人だった。

 

田中は伊藤さんが亡くなった日も

伊藤さんと話をしており、

 

自殺するような様子は一切なかったと

断言していた。

 

田中は伊藤さんによく世話になっていたらしく、

事件後も折に触れては泣いていた。

 

ひと月ほど経ったある日、

今度はその田中が死んだ。

 

その死因や状況が、

伊藤さんと全く同じだった。

 

田中は4階にある俺たちの教室の

窓の下に倒れていた。

 

やはり自殺の要因が見つからず、

 

後頭部に傷があり、

自転車が無くなっていた。

 

今度はうちのクラスの窓が開いていたので

そこから落ちたらしいことが推測されたが、

 

窓枠に乗り越える時に出来る靴跡などは

一切付いていなかった。

 

通夜で俺は一生分と言ってもいいぐらいの

涙を流した。

 

俺は半狂乱になった。

 

警察より先に犯人を見つけ出して殺してやる、

 

という気持ちが、

誰の目にも明らかなほどみなぎった。

 

田中の死の直後、

警察は伊藤さんの自殺という結論を撤回した。

 

学校は無期限の休校となった。

 

休校中は度々、

担任の先生が家庭訪問にやって来た。

 

俺はその都度、

警察の捜査状況を訊ねたが、

 

どうも、はかばかしくないらしい

旨の返答しか聞けなかった。

 

※はかばかしくない

思うようにいかない。

 

進展しない捜査に苛立った俺は、

 

現場をもう一度よく調べようと、

学校へ行った。

 

無駄な事だと分かっていたが、

何もせずにはいられなかった。

 

田中の遺体発見現場にある献花台に

持参した花束を手向け、

 

職員室へと向かった。

 

担任をはじめ、

先生たちは毎日出勤しているようだった。

 

「もう一度現場を見たい」

 

という俺の無意味な要求を

担任の先生は黙って受け入れてくれ、

 

教室の鍵を手渡してくれた。

 

俺は久しぶりに自分の教室へと向かった。

 

(続く)高校で起きた不可解な死の連鎖 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ