あの坊さんが来ると島の者が一人死ぬ

僧侶

 

これは、とある島の人々を恐怖に陥れた話です。

 

その本土の漁村の沖には島があり、そこにも沢山の人が暮らしています。

 

比較的大きな島で、全体に集落が五つほどあります。

 

ある日、その島の最も大きな集落に『托鉢の僧侶』がやって来ました。

 

※托鉢(たくはつ)

僧侶が街を無心に歩き、お布施(ふせ)したい人が現れれば、ただそれを受け取る修行。

スポンサーリンク

また誰かが死ぬのではないか?

初老で痩せた僧侶の彼は、静かに家の前に立って経を唱えます。

 

なにがしかの施しをする者もいれば、無視する者もいました。

 

彼は、無視されたら静かにその家の前を立ち退き、また次の家に行って経を唱えながら立つのです。

 

そうして集落の一軒一軒をまわって、次の集落に徒歩で向かいます。

 

十日ほど見かけられましたが、その後は姿を消しました。

 

「ああ、船で本土に帰ったのだな」と皆は思ったそうです。

 

しかし直後、島民のAさんが亡くなりました。

 

年寄りでもなく元気だったのに、急に熱を出して帰らぬ人に。

 

それから一年が経ち、またその旅の僧侶が島にやって来ました。

 

一年前と同様に、島の集落を一軒一軒まわりました。

 

季節はすでに秋口になっていました。

 

彼が去ると、今度はBさんが亡くなりました。

 

先のAさんとは別の集落の人です。

 

やがて、島民たちの間でこんな噂が立ち始めました。

 

「あの坊さんは、どこからやってくるのだろう?」と。

 

各集落の人が会って話をしても、なぜか誰もその僧侶を船に乗せて来た者がいないのです。

 

さらに、彼らはこのようにも考えました。

 

「あの坊さんが来ると、必ず島の者が誰か一人死ぬ」と。

 

その翌年、また僧侶がやって来ました。

 

島の人々は恐れ、不安が広がりました。

 

二度あることは三度ある。

 

また誰かが死ぬのではないか?

 

一体この僧侶はどうやって島に来て、どうやって帰っていくのか?

 

島のどこに寝泊まりしているのか?

 

もうこの僧侶に施しをする者もいませんでした。

 

家の中からは、厳しく「何も出ないぞ!」と叫ぶのが常でした。

 

島の人々は僧侶が寝泊まりをしている場所を探しましたが、どこにもそのような跡はありません。

 

僧侶の後をつけていく者もいましたが、彼は山の斜面を驚くような速さで登っていき、追手を振り切ります。

 

そして僧侶が去った後、今度は島の裕福な家の長男が亡くなりました。

 

島の人々は、本土の村で真剣に僧侶について尋ねました。

 

誰が島に彼を連れてくるのか?

 

しかし、どの村でも「そんな坊さんは見たことがない」と言います。

 

本土の村には何年もそのような僧侶はどこにも来ていなかったのです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ