忘れた頃に狐が迎えにやって来る

狐

 

先日、不思議な夢を見ました。

 

夢の中で男の子と遊んでいるのです。

 

ベーゴマとかおはじきとか、

ふた昔以上前の遊びです。

 

やり方も知らないはずなのに・・・

スポンサーリンク

男の子の目的は一体・・・

暗くなってきてお家に帰ろうとなった時、

その男の子は遊び足りないのか、

 

「僕の家に来て一緒に遊ぼうよ」

 

と言ったのです。

 

でも、もう暗いし、

 

早く帰らないとお母さんに怒られるから

と言って断りました。

 

それでもその男の子は「家においで」と

しつこく誘ってくるので、

 

「じゃあ、あと一回ベーゴマ勝負して

負けたら行くよ」

 

と言いました。

 

結局はその勝負には勝って

帰る事になったのですが、

 

帰る時にその男の子が物凄く悔しそうな、

そして寂しそうな表情でした。

 

なんだかいたたまれない気持ちになって・・・

 

それでも、「明日また遊ぼうよ」

と言いながら帰ったのです。

 

そこで、ふっと目が覚めました。

 

ああ、夢だったんだ。

不思議な夢だなぁ。

 

と思った瞬間、耳元で、

 

「次は連れて行くからね」

 

と聞こえたのです。

 

その瞬間、

ある事を思い出しました。

 

それは今から20年近くも前の事。

 

小学校の担任がホームルームの時に

怖い話をしてくれました。

 

寂しい孤独な『狐(キツネ)』の話。

 

話の内容はとても怖くて、

 

でも何故だか妙に寂しい気持ちに

なったのを覚えています。

 

話の最後に担任は、

 

「この話を忘れた頃、

みんなのところにも狐が迎えに来ます」

 

と言いました。

 

それで、「ああ、狐が迎えに来たんだなぁ」

と思ったのですが・・・

 

もし最後の勝負に負けていたら、

私は一体どうなっていたのでしょう。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ