消えた発明おじさん

中国に、一人の発明好きのおじさんがいた。

 

おじさんが発明するものと言ったら、

電動ウチワや豚が早く育つ機械などで、

近所の住民も呆れていた。

 

しかし、今から数年前、

この発明おじさんが住民を呼び出した。

 

「タイムマシンがついに完成した!

これは凄い発明だぞ!」

 

住民は呆れ、その場を立ち去る。

 

しかし、それ以来おじさんは消息不明で、

家族は捜索届けを出したが

未だ手がかりすら掴めない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ