手をあげて「よぉい!」と挨拶をするおじさん

手

 

その昔、俺の実家の近所には一人暮らしのおじさんが住んでいた。

 

平日の午後になると家の前にイスを置いて座り、下校する子供たちに手をあげて「よぉい!」と挨拶をするおじさんだった。

 

さすがに台風や大雨の時には居なかったが、雨の日も雪の日も傘をさしてイスに座っていた。

 

俺が高校生になった頃、足を悪くされて家から出られなくなったそうだが、家の前の通りが見える2階の部屋のベッドから「よぉい!」と手を振っていた。

 

実はそのおじさん、少し心の壊れている方だったが、子供たちもみんな「よぉい!」と返すくらいに親しまれていた。

 

現在、おじさんはもう亡くなられていて、その家は空き家になっている。

 

そして先日、久しぶりに実家へ帰った時にその家の前を通ると、「よぉい!」という声が聞こえ、見上げると2階の部屋の窓からは手が見えた

 

近所の同世代の奴らと飲んだ時にこの話をしたが、同じような経験をしたという奴が何人もいた。

 

でも今の子供たちは、そんな声を聞いたことも、手も見たことがないという。

 

ただ霊的なものというよりは、当時を思い出した俺達が懐かしんで昔を感じているのかな、と少ししんみりした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ