部屋で写した一枚の写真

カメラ

 

私が小学5年の時に、一回り年の離れた姉が出産をした。

 

当時はデジカメなどなく、写真を写す時は決まってインスタントカメラ。

 

生まれたばかりの甥を抱っこして、何枚も何枚も写真を撮ってはカメラ屋へ現像に出し、撮った写真が出来上がるのを楽しみにしていたのを今でも覚えている。

 

その時も出来上がったばかりの写真を楽しく見ていたのだが、部屋で写した一枚の写真がなんだかおかしい事に気づいた。

スポンサーリンク

口を大きく開け、目を見開き・・・

手前に私と甥、そして奥の暗い方にあと一人写っている。

 

目を凝らしてよく見てみると、髪の長い気味の悪い女性だった。

 

当時、我が家には髪の長い女性はいなかったし、来客としてもこんなに髪の長い人はいなかったはず。

 

当時からオカルト的な事に興味があった私は、心霊写真じゃないかと半ば心震わせていた。

 

だが、日に日に見る度に、その髪の長い女性の表情が変わっていく事に気づいた。

 

どう説明したらいいのかわからないが、明らかに違った。

 

悲しむ表情や怒りの表情、ちょっと笑っている表情・・・。

 

その時の自分の感情に伴っているのかも知れないが、昨日とはまったく違った。

 

さすがに気味が悪くなり、両親もこの写真はお祓いしようと決め、お寺に持って行った。

 

私が最後に見たその女性の表情は、口を大きく開け、目を見開き、何か驚いているような、苦しんでいるような、目を背けたくなるような本当に奇妙な表情だった。

 

あれから十数年が経ち、あの写真の事もすっかり忘れていたのだが、ついこの前、ふと思い出した。

 

夜中、飲み会から帰ってきた私は、歯を磨こうと洗面所へ向かい、歯ブラシを取ろうと手を伸ばした瞬間、小さな蜘蛛が私の手に乗ってきた。

 

虫が大嫌いな私は驚き、キャッ!と手を振り払った。

 

蜘蛛は逃げていったが、鏡に映った自分の固まった表情にまた驚いた。

 

口を大きく開け、目を見開き・・・、まるであの写真の女性のようだったから。

 

あの写真が私に何を伝えたかったのかは、今となってはもう分からない。

 

だけど、もし私が何か事故に遭うとすれば、もしかすると最後はあんな表情になるのかも知れない。

 

最近、事故には気をつけようと考えることが増えた。

 

ちなみに今の私の髪の長さは、あの写真に写っていた女性と同じくらいだと思う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ